• Tom

ラーメン食べ歩き紀行 (11) 二代目武闘家


二代目武闘家

「強烈な個性です!」

3年前に一度訪れたことがあるのだが、あの独特の濃いスープを味わいたく、再訪問することにした。場所は、中野駅の南口から3分と非常に近い。新宿から20分あればついてしまう距離だ。近くには自転車置き場もあるので便利である。

さて、早速中に入るとカウンター席の後ろに5~6名が立って並んでいる。ただし、ここは店員の作業が素早いので回転率が早いので、食べているときもプレッシャーは感じない。待っている間は、なぜか壁に貼ってある大量の名刺を見てしまう。

着席技もカウンター越しの店員のラーメンを作っている姿を見ているとテンションが上がる。「せいやぁぁぁ~」といった元気な掛け声と、気合いを入れて本気で釜を回している姿を見ていると、心からラーメン作りを楽しんでいるように見えるのだ。

さて、ラーメンであるが、とにかくスープが濃いのが特徴だ。家系の中でもその濃さはトップレベルだと思う。まるで「スープの粉を飲んでいる」ような錯覚さえ覚えてしまう。(もちろん実際はそんなにドロドロしているわけではない。)麺がスープをしっかり絡みとってくれるが、かといってスープが足りないと感じることはまずない。しかも、これだけ濃いスープなのにも関わらず、卓上のニンニクを入れると味が最高に確変するのだ。このニンニクでパンチを効かせたどろどろのスープが唯一無二の個性を作り出している。あまりの濃厚さにしばらくは来れないかなと思ってしまうところも正直あるだが、それぐらい強烈な個性である。

店内の雰囲気は男臭さ満点であるが、そのサービスはきめ細かい。ランチに訪れたので、ライスは無料でしかもおかわり自由だ。カウンターにはフリーサービスのお新香もある。ちなみに、5歳の息子と1歳の娘も連れて行ったら、帰り際に飴玉をもらえた。そこまで気を使ってくれるところもまた、武闘家らしい個性だと感じるのだった。


2 views

Recent Posts

See All

ラーメン食べ歩き紀行 (16) ごっつ

ごっつ 秋葉原店 「間違いなく『ごっつ』濃い!」 湯島天神に初詣に行った帰り道、どこかおいしそうなラーメン屋がないかと思って立ち寄ったお店だ。しかし、そのインパクトは「立ち寄った」レベルのラーメンではなかった。 アプリで辿りついた先にはすでに行列ができていた。お店の前には、雑誌に紹介された等の紹介があり、期待値が膨らむ。とりあえず、SNS用の撮影おもちゃがあるので記念に一枚パシャ。 店内に入るとさ

ラーメン食べ歩き紀行 (15) まる重

まる重(通販店) 「家庭で本場の美味しさを堪能!」 「今夜の夕食は特別だよ」と聞いて楽しみにしていた。ラーメン二郎のインスパイア系ということで、台所には大量のもやしとキャベツ(野菜マシマシ)、刻みニンニク一皿(ニンニクマシマシ)が用意されていた。それでも、まさか食後にこうして感想を書くとは思っていなかった。 というのは、大変失礼ながら冷凍食品は実店舗の味には追いつけないだろうと思っていたからだ。と

ラーメン食べ歩き紀行 (14) 壱六家

壱六家 大森店 「醤油のコクとトッピング(とアイスクリーム)」 初回訪問時は家族でしながわ水族館から歩いてはるばるたどり着いた店だ。ただ、実は大森駅から徒歩1分のところにある。 さて、ここは看板名の通り家系ラーメンである。美味しいと思う家系の要素の1つにスープとトッピングの相性がある。特に、ニンニクを入れた後にパンチが効いた味になるかどうかが重要だ。入れても全く味に変化が出ないとつまらない。しかし

Featured Posts

Categories

Archives

Copyright © 2016-2020 Seize your Sky All Rights Reserved.