• Tom

ラーメン食べ歩き紀行 (12) わ蔵


わ蔵

「王道の博多ラーメンです!」

実は大学生の1年生のときに新宿に行った際に、先輩にここはうまいからと連れて行ったもらったお店を探すときに出会ったお店だ。博多ラーメンに夢中になり始めた中で衝撃を受けたラーメン屋である。(たぶん先輩に連れて行ったもらったお店だと思う。)

歌舞伎町の風俗店の中にある老舗な雰囲気のあるラーメン屋だ。入り口に提灯があるので分かりやすい。博多とんこつの特有のあのにおいはそれほど強くはない。しかも24時間営業だ。

さて、ラーメンであるが、とにかく博多ラーメンの王道で味で、新宿の博多ラーメンならまずここを推薦したい。スープもそれほどどろそろしているわけでもないし、油っぽくもないのに、とにかく味がしっかりしている。一口食べれば「あ、博多ラーメン!」と声を出したくなる本格派だ。(ここは博多中洲流らしい。)そして、そこにニンニクを入れればうまい具合にパンチが出てくる。もちろん麺は極細で、好みによって茹で加減をオーダーできる。私のおすすめは「硬め」だ。

新宿のど真ん中に、替え玉をしないのはもったいないと思わせる本格派博多ラーメンがここにある。東京で博多ラーメンを進めるなら一番安心の味だろう。


2 views

Recent Posts

See All

ラーメン食べ歩き紀行 (16) ごっつ

ごっつ 秋葉原店 「間違いなく『ごっつ』濃い!」 湯島天神に初詣に行った帰り道、どこかおいしそうなラーメン屋がないかと思って立ち寄ったお店だ。しかし、そのインパクトは「立ち寄った」レベルのラーメンではなかった。 アプリで辿りついた先にはすでに行列ができていた。お店の前には、雑誌に紹介された等の紹介があり、期待値が膨らむ。とりあえず、SNS用の撮影おもちゃがあるので記念に一枚パシャ。 店内に入るとさ

ラーメン食べ歩き紀行 (15) まる重

まる重(通販店) 「家庭で本場の美味しさを堪能!」 「今夜の夕食は特別だよ」と聞いて楽しみにしていた。ラーメン二郎のインスパイア系ということで、台所には大量のもやしとキャベツ(野菜マシマシ)、刻みニンニク一皿(ニンニクマシマシ)が用意されていた。それでも、まさか食後にこうして感想を書くとは思っていなかった。 というのは、大変失礼ながら冷凍食品は実店舗の味には追いつけないだろうと思っていたからだ。と

ラーメン食べ歩き紀行 (14) 壱六家

壱六家 大森店 「醤油のコクとトッピング(とアイスクリーム)」 初回訪問時は家族でしながわ水族館から歩いてはるばるたどり着いた店だ。ただ、実は大森駅から徒歩1分のところにある。 さて、ここは看板名の通り家系ラーメンである。美味しいと思う家系の要素の1つにスープとトッピングの相性がある。特に、ニンニクを入れた後にパンチが効いた味になるかどうかが重要だ。入れても全く味に変化が出ないとつまらない。しかし

Featured Posts

Categories

Archives

Copyright © 2016-2020 Seize your Sky All Rights Reserved.