• Tom

今年の漢字 2018


 日本漢字検定協会によると今年の漢字は「災」。日本が自然災害に苦しむのは今に始まったことではないけれど、西日本豪雨で死者220人超が亡くなったり、台風21号による冠水の被害、さらに北海道地震による土砂崩れなどで死者は40人を超えた。災害だけではない。省庁の障害者雇用水増しや、汗が噴き出すほどの猛暑(ちなみに熊谷市では41.1℃を記録)といったこともあり、私としては「水」という文字が頭に浮かんだ。

 さて、ここからはGHF’03から続く毎年恒例の「私の今年の漢字」シリーズ。

2008年「転」

2009年「停」

2010年「躍」

2011年「結」

2012年「蓄」

2013年「修」

2014年「再」

2015年「二」

2016年「合」

2017年「落」

 今年は…、面目も潰れ、不慣れなポジションでひたすら困難に直面した年だった。たぶん私は1年中、不満げな面を被っていたのだと思う。そう、今年の漢字は「面」だ。一方で、英語キャリアの最高峰に加わり、新年の目標も立てて地道に努力してきた。この辛い修行の日々が次へのステップに接続していく。智の泉から湧き出す希望がいつか芽を出し、空に向かって飛び立っていく。次のステージへ接近していくための時間だと信じたい。サブの漢字として「接」を入れても委員じゃないかと言い聞かせている。

2018年「面」

 さて、みなさんの今年の漢字は何でしょうか?

※参考文献

日本漢字検定協会、(2018)


7 views

Recent Posts

See All

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。 突然見知らぬ人がお茶をしませんかと家に上がり込み、家中のものを食べ尽した て、そのまま帰っていく。それでも残された家族は動揺もせず、次に同じ客がきた時のためにその分まで食料を買うのだ。ただし、その客は結局、二度と現れなかった。 これは、The Tiger who Came to Eat(『おちゃをのみにきたとら』)という童話の要点であ

今年も新型コロナウイルスは猛威を振るった。新型コロナウイルスは拡大と終息を繰り返したが、特に、オリンピック・パラリンピック(東京五輪)の開催中のコロナ感染拡大第5波はかなり深刻に感じた。一部の人間のために5年越しで強硬手段を取ったことに対する政治への絶望感を感じた。ただ、一方で、藤井聡太四冠は王将戦の挑戦者になって五冠になる可能性を秘めている。そういうわけで、今年の漢字は「五」を予想していた。しか

Featured Posts

Categories

Archives