• Tom

大晦日 2018


 政治家がテレビで討論をしているのを見ると、結局何を言いたいのかが分からないことが多い。例えば、

「朝ご飯は食べましたか」

「ご飯は食べませんでした(パンは食べたけど言いたくないんだよな)。」

それで国民が「そだねー」「#Me Too」とか言って納得すると思っているのだろうか。こんな「ご飯論法」ばかり繰り返しているから、国民の政治不信や怒りが災害級の暑さになってしまうのだ。「ボーっと生きてんじゃねーよ」と。スーパーボランティアの気持ちで取り組んで欲しいのだ。子どもが真剣な議論を見て、政治家はかっこいい、あのおっさんラブと言わせるような存在でなければならない。

 今年は、サッカーワールカップがあり、大方の予想を裏切って日本がまさかの本戦トーナメント出場を果たした。やっぱり(大迫)半端ないってと叫んだファンも多かったことだろう。一方で、日大タックル問題や奈良判定など公正なスポーツに水をさすような出来事もあった。また、eスポーツはポーツなのか?という議論も噴出している。2年後の2020年は東京オリンピック・パラリンピックも控えている。スポーツ理念の醸成と運営上の安全性などが求められている。

 ところで、年末になると、その年に流行った音楽や一発芸を目にすることが多い。一時的な人気かもしれないが、それにしてもこの曲は今年のレコード大賞に十分該当するでないかと思う。Da Pumpの『U.S.A.』だ。インパクトのある振り付けとメロディーはもちろんのこと、ISSAが10年以上の苦境を乗り越えて再ブレークしたことも共感を呼んだのではないだろうか。踊りながらあの声量と正確な音程は、腐らずにずっと努力していた証だからだ。いつ訪れるか、もしかしたら二度と日の目を見ないかもしれないのだから、本当に心からリスペクト出来るアーティストだ。

 ”The dog that trots about finds bone”.(歩き回る犬は骨を見つける)。(2018年1月1日 「謹賀新年2018」)今年は、何本の骨を見つけることが出来ただろうか。「骨折り損のくたびれ儲け」になってしまったような気持ちが強くなっても、いずれそこに血肉がつき、知肉となると信じ、そして、支えてくれた家族や仲間に感謝しながら新年を迎えようと思う。1年間、ありがとうございました。それでは、よいお年を!

※参考文献

ユーキャン、「新語・流行語大賞」

Tom, (2018 1 1) Seize your Sky「謹賀新年2018」


10 views

Recent Posts

See All

謹賀新年 2020

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。 世界で最も有名な今年の干支といえばミッキーマウスだろう。このネズミは害チュウどころか、チュウ夜問わず多くの人が彼とその仲間に会い行っている。”If you can dream it, you can do it.”(*1)これは生みの親であるウォルト・ディズニー言葉である。この信念からチュウ出された情熱が「夢の国」の誕生に繋がった

大晦日 2019

問題を直視せず、先送りをしたことで一気にその不満が爆発したように感じる。香港の雨傘運動は、若者が「高度の自治」の形骸化を遅れてNO!を突きつけた形となった。また、16歳の環境活動家グレタ・トゥンベリは、国連の「気候行動サミット」で各国首脳陣に地球温暖化防止を強い口調で訴えた。建前や保身といった「大人の世界」が世界中で痛烈に非難された出来事であった。 「先送り」というキーワードで国内を見ると、大学入

今年の漢字 2019

「無難だな。」これが率直な感想だ。日本漢字検定が公募して発表する今年の漢字は「令」になった。平成から「令和」に変わったことに加え、その元号の由来が古典に由来することで、日本の伝統文化を再認識するきっかけとなったからだとい う。一年の総まとめの漢字が否定的なニュアンスでないことは喜ばしいことだ。 さて、ここからはGHF’03から続く毎年恒例の「私の今年の漢字」シリーズだ。 2008年「転」 2009

Featured Posts

Categories

Archives

Copyright © 2016-2020 Seize your Sky All Rights Reserved.