• Tom

謹賀新年 2019


 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

 彼はライオンと一緒に真夏の暑い中を喉がカラカラな状態で歩いていた。そして、2人は泉に出会う。するとどちらが先に水を飲むかで喧嘩になる。やがて激しくなり、命をかけた戦いになってしまう。途中、お互い息を整えようとした時に、気づくのだった。周囲にハゲタカが取り囲んでいるのことに。イソップ物語の『イノシシとライオン』だ。彼とは今年の干支、イノシシのことである。

 グルーバリゼーションは、インターネットの普及とともに拡大していった。そして皮肉にもナショナリズムの台頭を生んだ。自国の利益を優先し、互いに憎しみ合う姿を見ることが多くなった。憎しみというネガティヴな負の感情は決して友好的・建設的な関係を構築しない。世界情勢を見ていて胸が苦しくなる思いを何度経験したことだろうか。

 先のイソップ物語は、我に返ってお互いが休戦を誓い合う。私たちはそこに、「言葉」の力を見出す。人間が動物と大きく異なる点は、言語を駆使して高度な文明を築いたことだ。丁寧に言葉と論理を司っていくことでさらなる発展を期待できる。自己中心的な「猪突猛進」な言動は取ることを控えなければならない。

 ただ、現実の世界は資本主義に基づく競争社会だ。努力した者が報われる可能性が高いし、社会はそうあるべきだと思う。だから、時と場合によっては「猪突猛進」の勢いで目標に向かっていくことは必ずしも悪いことではない。「泉」を見つけるために新年の誓いを立てる。ただし、独り占めをしないでみんなで分け与える。そうすればハゲタカに狙われることはないだろう。

※参考文献

『イソップ物語り』「イノシシとライオン」


11 views

Recent Posts

See All

謹賀新年 2020

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。 世界で最も有名な今年の干支といえばミッキーマウスだろう。このネズミは害チュウどころか、チュウ夜問わず多くの人が彼とその仲間に会い行っている。”If you can dream it, you can do it.”(*1)これは生みの親であるウォルト・ディズニー言葉である。この信念からチュウ出された情熱が「夢の国」の誕生に繋がった

大晦日 2019

問題を直視せず、先送りをしたことで一気にその不満が爆発したように感じる。香港の雨傘運動は、若者が「高度の自治」の形骸化を遅れてNO!を突きつけた形となった。また、16歳の環境活動家グレタ・トゥンベリは、国連の「気候行動サミット」で各国首脳陣に地球温暖化防止を強い口調で訴えた。建前や保身といった「大人の世界」が世界中で痛烈に非難された出来事であった。 「先送り」というキーワードで国内を見ると、大学入

今年の漢字 2019

「無難だな。」これが率直な感想だ。日本漢字検定が公募して発表する今年の漢字は「令」になった。平成から「令和」に変わったことに加え、その元号の由来が古典に由来することで、日本の伝統文化を再認識するきっかけとなったからだとい う。一年の総まとめの漢字が否定的なニュアンスでないことは喜ばしいことだ。 さて、ここからはGHF’03から続く毎年恒例の「私の今年の漢字」シリーズだ。 2008年「転」 2009

Featured Posts

Categories

Archives

Copyright © 2016-2020 Seize your Sky All Rights Reserved.