top of page
  • Tom

『小論文 書き方と考え方』 〜「書く」とは何か〜


 私は職業柄、高校生の英検や模擬試験の問題などを解く機会がある。過去問題集の模範解答のページには解説も掲載されいるが、中にはなぜその答えに辿り着くのかが書かれていないことがある。解説の例としては、「13行目に~と書いてあるので答えは…」といった感じだ。内容をじっくり味わいながら読む方法から受験テクニックまで解法は多様だからであろう。だから、生徒には私が示す模範解答にたどり着くまでの思考のプロセスを重視するように伝えている。「答えの向こう側を掴め。」ということだ。

 今回紹介する『小論文 書き方と考え方』の筆者は、こうした思考の手順を論理的思考と呼ぶはずだ。小論文、つまり論理的な文章を書く力を養うために、名著・名文を全部またはその一部を抜粋し、その書き手がたどったロジックを辿るという手法を取っている。斬新で明快だ。だから、ここで書くための基本鉄則を何度も潜ることで徐々に必要不可欠な論理を獲得することができる。また、本書は社会問題や社会通念に関する素材を用いて論点の整理や分析方法、文章構成の方法を提示していく。筆者の長年の知識と経験が凝縮されていて内容が濃い。

 さらに本書の推薦理由はこれだけにとどまらない。第一に、そもそも「書く」とはどういうことかいう哲学的な内容まで提示してくれる。第二に、入試小論文からはじまり現代社会の議論を経て、日常の論理にまで気付かせてくれる。人間として「書く」という行為の意味を感がさせてくれる。だからこそ筆者の論理的で魂のこもった本書の終着点、「自分のことばを持ってリアルに生きる」という湧き水が心に染み、生きている実感を持てるのである。

 大学入試で必要に様られて書く高校生には、やや情緖で難解な部分もあるが、それを乗り越えるには自身の研鑽しかないのだ。それを克服することで無味乾燥な小手先のテクニックではなく、「書く」という人間的な本質的行為の必然性に気付くことができるのだ。それは教職に着いている私を含むすべての者に関わることだ。だから私は「書く」のだ。この明緒は「書く」ための私のバイブルである。

※参考文献

大堀精一、(2018 5 10)、『小論文の書き方と考え方』講談社選書メチエ


19 views

Recent Posts

See All

新型コロナウイル感染が世界中に拡大し、医療・経済・教育などあらゆることが変化し、多くの議論が行われている。現実問題として医療や経済などに目が向かいがちであるが、終息する気配もなく、どこが退廃的な雰囲気が醸成されているのはなぜだろうか。 大澤真幸の論考「不可能なことだけが危機を乗りこえる」(『思想としての新型コロナウイル禍』)はその中でも社会学の視点で論理的にコロナ禍を考察し、今後の展望を述べている

AIの本質を探り、今後の人類のあり方や生き方を模索することは現代社会の大きな議論の一つである。本書は、テクノロジーと生き方の手助けになると思い長期休暇を利用して上下巻を読破した。著者のユヴァル・ノア・ハラリはヘブライ大学の教授で専門は歴史学である。『サピエンス全史』で世界的なベストセラーだ。ちなみに、訳者あとがきは難解な文章の解説的な役割も果たしている。 人類の歴史と展望について、難解な部分もある

熊代亨は著書『健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて』の中以下のような指摘をしている。現代の私たちは、売買やコミュニケーションを担保する法制度と空間設計、それらに適した通念や習慣が徹底された社会の仕組みから便宜を得られる人がいる一方で、人々が他者と共有できない世界観の存在を見落とす可能性がある。こうした仕組みは私たちを効率性や社会契約の内側へと訓練し続け、内面化された通念や習慣から

Featured Posts

Categories

Archives
bottom of page