『ココミル』(沖縄)〜持ち運びに便利です〜


 愛読書として紹介するには、ちょっと分野が違うかもしれないが、沖縄に行く前の計画や当日の予定などを決めるにはとても便利だ。19.2cmx15cmx1.2cmのサイズで、カバーの紙質や表紙もおしゃれなので持ち運びには便利である。ガイドブックは見た目も重要だ。ちなみに別冊でも地図が付いているの安心だ。

 沖縄の情報はある程度載っているし、場所やグルメ、お土産などでページが色別に分類されている。これは旅行雑誌としては普通なのだが、その分類の色に合わせて付箋(例えば、MIND WAVE社の色えんぴつstick marker)を使うより見やすくなる。これはオススメだ。

 全体的にギラギラした雰囲気がなく、おしゃれと利便性を考えられて作られいる本だ思う。本棚に置いても背表紙が良い味を出している。他にも「京都」編も買って重宝した。

 年度で最新版が出るようなので、旅行で「ここを見る!」と決めたいなら、ひとまず「これを見ろ!」ということです。

※参考文献

(2013 7 1)、『ココミル』JTBパブリッシング


5 views

Recent Posts

See All

新海誠監督作品『天気の子』『君の名は』『ほしのこえ』を鑑賞してきた。今作の『雲の向こう、約束の場所』もまた新海ワールドが広がっている。彼の恋愛観や世界観、演出や構成などの中核となっている原点がここにある。なぜならこれが深海誠監督にとって初の長編アニメーションであったからだ。ただ、体調不良の中、ベッドで鑑賞したせいなのかもしれないと思った。映画終了後の心の第一声は「なんだかしんどい映画」だった。複雑

大学の部活動となると、もはや高校とは別世界である。大学の名前を背負って戦うわけで負けることが許されない世界だ。箱根駅伝を走った渡辺康幸もあこがれの先輩と4人部屋で過ごし、時にはゴキブリが身体を這うこともあったという。それでも走るのが楽しくて仕方がなかったと早稲田学報で語っている。その功績は選手としても監督してはここに書き切れないほど輝かしものであるが、今年も早稲田だの選手はその教えを繋いだ選手が箱

Featured Posts

Categories

Archives