• Tom

英語民間試験導入反対論者からの電話 〜隙を見せずに議論する II〜


 突然、職員室の私に電話が来た。前回の記事「隙を見せずに議論する」の掲載直後のタイミングで驚いている。

「大学入試英語改革についての意見が聞きたい。」

いろいろ話を聞いていると、どうやらこの改革運動に反対らしい。そういえば、数日前に職員室内で英語民間試験の導入に反対する署名が回ってきた。その署名の趣旨は、ずさんな制度設計、稚拙な計画の弊害が受験生の不利益をもたらすため、2021年度の民間試験導入の導入を中止することと、新制度のあり方の見直することを請願事項にあげていた。

 一方、日本英語検定協会は、5月14日にプレスリリースとして、各試験の試験概要の情報提供がなされれていないことに対するお詫び文を掲載した。この時期になっても2021年度の全体像が見えないことは、生徒や保護者、そして現場の教職員等の不安や疑念などを招いている。理論や理念ばかりが膨らみ、現場レベルでの公平性・妥当性が確保できていないは認めざるを得ない状況ではある。

 さて先ほどの電話であるが、現在の入試制度の継続を目指しているのか、それとも現実的な制度設計・計画等が提示されるまでの延期を求めているのかまでは私には判断が出来なかった。ただ、試験運営上の欠陥や妥当性を指摘されてしまうと反論が難しいところがある。ちなみに、私の回答はあくまで個人(教職員)レベルでのものであって、英語科および学校としての見解ではない。

 ニュースでも取り上げれれているとのことなのでさっそく検索してみると、すぐに名前を思い出せた。京都工芸繊維大学・羽藤由美教授だ。署名運動の発起人らしい。せっかくなら今後の展望をお聞きすれば良かった。とにかく私が危惧しているのは、4技能の育成に向けた改革が頓挫することだ。「理論と実践の融合が机上の空論になることがないように、そして、安易に論破されてはいけないに論破されてはいけない」のだ。

※参考文献

Yahoo! ニュース、(2019年6月8日)、「大学入学共通テストにおける英語民間試験の利用中止を求める国会請願署名」

日本英語検定協会、(2019年5月14日)、「2020年度 英検新方式 実施会場における決定事項のお知らせ ~全国に「テストセンター」設置、~常時実施を目指す~」

Tom、(2019年6月18日)、「隙を見せずに議論する


16 views

Recent Posts

See All

高校卒業後の進路選択の1つに専門学校がある。その大まかな定義であるが、職業に直結した専門的知識、技能・習得のための授業が中心とする学校のことである。①工業、②農業、③医療、④衛生、⑤教育・福祉、⑥商業実務、⑦服飾・家政、⑧文化・教養の8分野に分かれている。また、専門学校には認可校と無認可校があり、前者は学割がある、公的な奨学金や教育ローンが活用できる、学位が専門士となる、といった違いがあるので、そ

AIが人間の力を借りることなくその能力を超越する技術的特異点[シンギュラリティー]に到達するのが2045年であると言われている。その未来予測は世界中で大反響を呼び、AIによる人類の恩恵と損害など様々が議論がなされている。AIとは何かを正しく理解するには、まずは本書がお勧めだ。実際、教育業界最大手のベネッセコーポレーションが大学入試小論文対策に挙げている推薦図書でもある。 新井紀子氏は国立情報研究所

初任校ではノートパソコンを活用した最新の講義型の授業をしていた(つもりだった)。当時は英文解釈が中心の予備校風の授業で、生徒に寝られたら見た目が悪いと必死だったが、結局テスト一週間前に演習させるのが最も力がつくなと感じていた。実はその秘密が「生徒の能動的な学習」だったのだろう。大学院での研究以降は、「アクティブラーニング推進校」などの経験から、生徒が「能動的に学ぶ」、そしてそれが結果的に楽しい授業

Featured Posts

Categories

Archives