top of page
  • Tom

『年度当初にあたっての担任の想い』①


 本日は、PTA広報誌に依頼された「担任」および「新任者」のあいつさを掲載したい。保護者や地域の人に読んでいただくということでかなり気合いを入れて書いてみた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 人はなぜ働くのでしょうか。もちろんお金を稼ぐ必要があるが、それだけではないだろう。私は、自分が誰かの役に立つことで生きがいを感じると考えている。だから、自分では出来ないこと、例えば、漁に出るとか、患者に薬を提供するといった人材を育てることで、平和で豊かな社会に貢献したいと思っている。だからこの仕事が好きだし、生徒に近い担任にやりがいを感じています。

 そんな私が学級目標に掲げている3つの教育目標(理念)を紹介させて欲しい。

第一の目標は、規則の遵守(生活)だ。学校は集団生活であり、社会に出てからも規則や常識に従って行動することが求められる。規則によって受け取り方が異なるのは仕方がないし、合理的な理由が不明瞭なものもある。しかし、最も大事なのはその規則やマナーを集団として守ることにあります。だから、私は(説明を単純化するために)「規則は不合理、遵守が合理」と強調している。また、いじめは傍観者を含めて許されない行為であることも強調している。

第二に、努力の継続(学習)です。高校の勉強は、内容がより広く深くなっていき、日々の積み重ねが重要になってくる。また、自身の性格や環境に応じて計画を立て、工夫して欲しいと思います。また、勉強だけではなく、学校行事や部活動などでも自分の役割を考え、建設的に協力しながら頑張って欲しい。もしこれらの活動を通じて大きな自信を持てるようになれば、きっと充実した高校生活を送れるのではないかと思っている。

最後の目標は、進路の実現(進路)だ。生徒一人ひとりが社会の一員として社会に貢献し、国際的に活躍して自己実現を図ることだが一番の使命であると考えているからだ。ぜひ常に目標や希望を持って、平和な社会に貢献できる資質・能力・良識等を身に付けて欲しい。

生徒の心に夢や希望が芽生え、これから社会という空に羽ばたいていけるように頑張っていきたい。


7 views

Recent Posts

See All

第9回夏の教育セミナー(日本教育新聞・株式会社ナガセ主催)が今年もオンラインで行われた。例年以上に講座が豊富で、収穫が多く勉強になった。今年の目玉は、高等学校の新学習指導要領の施行に伴い、令和7年度の共通テストの内容とそれを考慮した授業改善だろう。特に、指導と評価の一体化の理論と実践には多くに関心が集まっていたようだ。また、カリキュラム・マネジメントや指導方法の改善による学校改革まで盛り込まれてい

高校卒業後の進路選択の1つに専門学校がある。その大まかな定義であるが、職業に直結した専門的知識、技能・習得のための授業が中心とする学校のことである。①工業、②農業、③医療、④衛生、⑤教育・福祉、⑥商業実務、⑦服飾・家政、⑧文化・教養の8分野に分かれている。また、専門学校には認可校と無認可校があり、前者は学割がある、公的な奨学金や教育ローンが活用できる、学位が専門士となる、といった違いがあるので、そ

Featured Posts

Categories

Archives
bottom of page