• Tom

『頑張っている人は格好良い!』 ②


 それは高校1年生の冬だった。付き合っていた彼女に突然振られた。勉強は赤点ぎりぎりの教科もあったし、部活動でも目立った活躍をしていなかった。だから、このままじゃ終われない。でも、どうする?

そんな「栗原君」ではあったが、英語の辞書を引くと教科書のストーリーが何となく分かった気がした。するとその続きが読みたくなる。英語を使いこなす先生にも憧れてこう思ったのだ。「英語出来たら、格好良いじゃん!」

だから、とにかく最初は英語「だけ」を頑張った。すると徐々に英語「だけ」は成績が伸びてきた。三年生の一学期の模擬試験で学校一番になって、英語に関する職業に就こうと決めた。将来を決めるにあたっては遅すぎましたが、動機として十分だった。

そんな私が教壇で心掛けていることが3つある。1つは、実用的な英語を身に着けて欲しいということだ。英語はコミュニケーションのツール。だから私は、間違えることに抵抗を感じない。時々、通じなくて格好悪くても気にしないようにしています。まずは通じれば良いのだから。二つめに、英語を通して様々な文化や考え方、社会を見つめて欲しい。授業で扱う教材を通じて世界が広がれば良いなと思います。最後に、英語の学習を通じて、自分の哲学を見つけて欲しい。越えられない壁をどう乗り越えるか。計画の立て方や方法をどのように工夫していくか。さらに言えば、なぜ勉強する必要があるのか。

…と「格好良い」ことを述べてしまったけれど、実は高校生の話には続きがあって、受けた大学はすべて落ちてしまった。理由は単純で、なぜ国語や数学などを勉強するのか分からなかったから。勉強していないからそれが理解できなかったのだ。様々な教科や分野などを通じて、訓練をし、経験を積んで成長するべきだった。そんなことを知ったのは、「教える」ことの難しさを知ってからかもしれない。そういった意味では、今でも毎日生徒と一緒に勉強しているのだと思っている。だから毎日、「格好悪い」のが現実だ。いつ「格好良い」に到達できるか分からない。ただ、これだけは言えかもしれない。努力をしている人は「格好良い!」


7 views

Recent Posts

See All

AIが人間の力を借りることなくその能力を超越する技術的特異点[シンギュラリティー]に到達するのが2045年であると言われている。その未来予測は世界中で大反響を呼び、AIによる人類の恩恵と損害など様々が議論がなされている。AIとは何かを正しく理解するには、まずは本書がお勧めだ。実際、教育業界最大手のベネッセコーポレーションが大学入試小論文対策に挙げている推薦図書でもある。 新井紀子氏は国立情報研究所

初任校ではノートパソコンを活用した最新の講義型の授業をしていた(つもりだった)。当時は英文解釈が中心の予備校風の授業で、生徒に寝られたら見た目が悪いと必死だったが、結局テスト一週間前に演習させるのが最も力がつくなと感じていた。実はその秘密が「生徒の能動的な学習」だったのだろう。大学院での研究以降は、「アクティブラーニング推進校」などの経験から、生徒が「能動的に学ぶ」、そしてそれが結果的に楽しい授業

大学入試改革の中、英語科指導の中で最も大きく変化したのが共通テストの問題、特にリスニングの配点がリーディングと同じになったことだ。これは新学習指導要領が4技能重視のアクティヴラーニングを推進する以上のインパクトがある。結局、生徒の学習のモチベーションや教師側の求められる実績に直結するからだ。そういった理由でこの研修会に興味を持って参加した。 講義の結論から言うと、自分がある程度英語を極めた学習方法

Featured Posts

Categories

Archives