• Tom

英語民間試験の延期の衝撃と危惧


「もしかしたら精度が変更されるかもしない」と生徒には言っていた。心のどこかにはこの時期になって変更はしないだろうと思っていた。それが、まさかの事態でる。英語の民間試験導入の延期だ。受験者は、受験のために共通IDを取得する必要があり、その発効日が11月1日であった。にもかかわらず、同日の午前中の閣議終了後に文科省の萩生田文部科学大臣から英語民間試験の導入の延期が発表され、共通テストは予定通り行い、民間試験は24年度実施予定となった。文科省は、遠隔地の受験者の公平性が担保されず、多くの点において制度設計に不備があることが原因としている。

 止むを得ない状況ではある。教育現場で英語を指導しているものでさえ試験の概要が掴めない。受験生は尚更である。例えば、英検のホームペーのプレス発表を見ていても混乱しているのが見て取れる。これでは、民間試験(正確には4技能試験の実施)に賛成の立場であっても擁護しきれない。

 英語の民間試験導入には期待している部分があった。英語はコミュニケーションのツールであるという大原則を見つめ、まずは生徒の外発的動機から整えていく契機になるはずだ。従って、今回はあくまで「延期」であり、あらゆる事柄を考慮に入れて、今後の改善に期待したい。とにかく萩生田氏の「身の丈にあった勝負をして欲しい」という失言は残念であるし、「文科相として自信を持って受験生におすすめできるシステムになっていない」のであれば十分に検討すべきだ。

 繰り返しになるが、「民間任せにせず、国が責任をもって、遠隔地でも実施できる公平な仕組みを作ってほしい。」(Tom「Tom、(2019)、「朝日新聞の記事(朝刊紙面・デジタル)に載りました ~記事の裏側~」)具体的に言うと、インプット型の現行のセンター試験は継続し、2次試験ではライティングとスピーキングは各大学や短大等に委ねれば良い。また、調査書では民間試験のグレードや得点は加算等をすれば良い。また、実際の試験、特にライティングとスピーキングは加点方式に変更し、文法や語彙といった表現上のミスを減点する方式ではなく、その内容に重点を置く、言い換えれば、””How(どのように)”から”What(何を)”の加点式の移行すべきである。これを実現するためにも、限られた時間で信頼性の高い制度設計や評価方法等を模索して欲しい。さらに、そのことによって、教育現場の指導方法に改善や工夫がなされるようにしたい。今こそより建設的な視野と議論が求められているのである。もうこれ以上の後戻りは許されないのだから。

※参考文献

Tom、(2019)、「朝日新聞の記事(朝刊紙面・デジタル)に載りました ~記事の裏側~」


13 views

Recent Posts

See All

夏の教育セミナー 2020 〜L・Rは日々の積み重ね〜

今年の夏の教育セミナーは、新型コロナウイルス感染防止の観点からオンラインで視聴するという形になった。実施会場まで足を運ばなくて済んだももの、多忙からすべての内容を視聴することが難しかった。ただ、言うまでもなく例外なのは受験生や保護者、そして指導する教職員、教育関係者も同様である。個人的には、大学入学共通テストを始め、2学期の戦略を立てる上で重要な視点を再認識できたとように思う。安河内哲也氏の動画は

『知の体力』 〜高等学校の学びの本質〜

大学の卒業論文には苦い思い出がある。大学受験までの思考、つまり授業の課題には常に答えがあるという固定概念のせいで、答えのない問題に自分なりの意見を見つけることがあまりなかった。一応卒論ではある程度の結論には達したが、参考書の引用や見解をなぞる部分も多くなってしまった。指導教官に喫茶店で叱られた苦い思い出もある。もし私が学生時代に新書『知の体力』を読んでいたら、卒業論文はまた違った結論になっていただ

学びの見える化

英語入試改革として、民間英語試験の導入と以降措置として大学入学共通テストが導入される。4技能に向けた大学入試や授業などの大きな改善や工夫が求められている。そこで、太田光晴時代が提示した元号ごとの比較を比較することで、これからの英語教育についての展望を描いてみたい。 「昭和」~「いかに教えていくか」(=teaching) 「平成」~「いかに学ばせるか」(=Learning&learning outc

Featured Posts

Categories

Archives

Copyright © 2016-2020 Seize your Sky All Rights Reserved.