top of page
  • Tom

アドラー心理学4部作 『嫌われる勇気』・『幸せになる勇気』 『アドラー 人生の意味の心理学』 『子どもを勇気づける教師になろう』 <感想編>


 「なんのために生きているのだろう?」「教育って何だろう?」そんな疑問を抱いていたときに、たまたま動画サイトで『嫌われる勇気』を紹介されているのを見たことがきっかけだった。「アドラー心理学4部作」とは、『嫌われる勇気』・『幸せになる勇気』・『(100分で名著)アドラー 人生の意味の心理学』・『子どもを勇気づける教師になろう』の4作を、私が教員の立場から勝手に総称しているものである。アドラーの個人心理学の導入、理論、そして教育への実践と続く一連の著作であると考えている。

 『嫌われる勇気』は、アルフレッド・アドラーが確立した「個人心理学」を哲人と青年の対話を通して紹介したベストセラーである。筆者でアドラー研究家である岸見一郎とライターの古賀文建がプラトンの対話形式を用いている。従来の考え方とは一線を画すアドラー指導を読者の疑問に寄り添いながら進んでいくのでグイグイと引き込まれる。ただ、その内容は深く、体現が難しいものを含んでいるため、一読しただけでは本当に理解したとは言えないだろう。「そうかもしれないけれど、でもね…」というのが率直な感想である。

 『幸せになる勇気』は、ベストセラーとなった上記の続編で、「『勇気の二部作』完結編」と謳っている。しかし、もともと続編が予定されていた記述はなく、前作に便乗したようでクオリティーとしては物足りない。ただ、「若者」が教師としてアドラー心理学を実践したことに触れているので、教育関係者にとっては当事者意識を持って読むことが出来る。

 すでに触れたように、アドラー心理学はかなり難解だ。従来の原因論に出発する過去的思考ではなく、「今、ここから」という未来的な思想である。対人関係の捉え方、「課題の分離」「共同体感覚」「ライフスタイル」といった用語も正しく理解する必要がある。そこで、NHK100de名著『アドラー 人生の意味』(変われない?変わりたくない?)は、アドラー心理学を端的にまとめた参考書の役割を果たす。実際、「勇気の二部作」の内容はこの1冊で簡潔に説明されているので辞書的に手元に持っていたい。ブックス最終章では、「岸見アドラー学」とも言われている著者の見解を知ることも出来るだろう。

 アドラーは、教育こそが平和な社会を作ろとして教師への援助に興味を抱くようになった。アドラーの哲学は「勇気づけの心理学」として活用できる。子どもを勇気づけるための理論整理と実践事例を紹介しているのが最後の『子どもを勇気づける教師になろう!』である。キーワードを中心に具体的な心構えや言葉がけ、各章末には教室で使用できるワークも掲載されている。内容量として物足りない(非現実的な方策)部分もあるが、ガイドブックとして非常に有効である。

 以上が、「アドラー心理学4部作」の読後の感想である。アドラー心理学の理解は出来ても実践に移すにはかなり難しい。劇薬になるか毒薬になるかは、著者の言葉で言えば、「変われない?変わりたくない?」はその人それぞれかもしれない。ただ、この一期一会を大切にしたいと思っている。

※参考文献

岸見一郎・古賀史健(2013)、『嫌われる勇気』ダイヤモンド社

岸見一郎・古賀史健(2016)、『幸せになる勇気』ダイヤモンド社

岸見一郎(2018)、『100分de名著 アドラー 人生の意味の心理学』NHK出版

岩井俊憲(2013)、『子どもを勇気づける教師になろう!』金子書房


48 views

Recent Posts

See All

新型コロナウイル感染が世界中に拡大し、医療・経済・教育などあらゆることが変化し、多くの議論が行われている。現実問題として医療や経済などに目が向かいがちであるが、終息する気配もなく、どこが退廃的な雰囲気が醸成されているのはなぜだろうか。 大澤真幸の論考「不可能なことだけが危機を乗りこえる」(『思想としての新型コロナウイル禍』)はその中でも社会学の視点で論理的にコロナ禍を考察し、今後の展望を述べている

AIの本質を探り、今後の人類のあり方や生き方を模索することは現代社会の大きな議論の一つである。本書は、テクノロジーと生き方の手助けになると思い長期休暇を利用して上下巻を読破した。著者のユヴァル・ノア・ハラリはヘブライ大学の教授で専門は歴史学である。『サピエンス全史』で世界的なベストセラーだ。ちなみに、訳者あとがきは難解な文章の解説的な役割も果たしている。 人類の歴史と展望について、難解な部分もある

熊代亨は著書『健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて』の中以下のような指摘をしている。現代の私たちは、売買やコミュニケーションを担保する法制度と空間設計、それらに適した通念や習慣が徹底された社会の仕組みから便宜を得られる人がいる一方で、人々が他者と共有できない世界観の存在を見落とす可能性がある。こうした仕組みは私たちを効率性や社会契約の内側へと訓練し続け、内面化された通念や習慣から

Featured Posts

Categories

Archives
bottom of page