英語民間試験の具体的代案 〜TBSへの回答〜


 先日、職場にTBSから英語民間試験導入の賛否、及びそれに関するアンケートが届いた。依頼は10月の政府による延期発表前で、多忙なときに真摯に回答したのだが、お礼の返信もないのが残念だった。(反対ありきの質問項目も酷かった。)本稿は、その回答を踏まえた私なりの英語民間試験の代替案を提示したい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(英語の民間試験導入の延期発表前の時点では)英語民間試験の公正・公平性は完全に公平されているとは言えない。

(英語民間試験の導入で改善してほしいことは、そもそも)目的の異なる数種類を同一の試験を一律のCEFRでは測れないと思う。実際、それぞれのレベルを見ると試験の難易度が適切に表示されているとは思えない。(英検1級があまりにも軽く見られている!)

 そこで、代案として、私は2つの考えがある。第一に、民間試験はあくまで補助的なものとし、国が責任を持って全国統一の試験を実施することである。今まで大学入学センター等が蓄積したデータやノウハウを活用すれば良い。国はそこにお金を投資するべきである。第二に、各大学等が二次試験でアウトプット(ライティングやスピーキング)のテストを行えば良い。1次試験で絞り込んだ受験生を大学のアドミッションポリシー等に従って対面式インタビューやプレゼンテーションなどを課せば良いのだ。

 島しょ地域での実施など、今回の民間試験は問題点が多いが上記のような代替案を強く訴えたい。日本人が今まで、ライティングやスピーキングが苦手としていた大きな要因の一つに、アクトプット型の試験がなかったからという事実が挙げられる。生徒も保護者も学校もシビアだ。試験に大きく関係のないことに多くの時間を費やせない。これは何年も英語の指導をしているから経験的に理解している。しかし、4技能の試験がバランスよく出題されるならば、単純に生徒は勉強する。理想論で語るのではなく、(残念ではあるが)外的なモチベーションを高めることは現実的な指導方法である。

 そして、そもそも論として英語学習の原点に帰れば、英語はコミュニケーションのツールであって、試験(思考訓練)のためにあるのではない。従って、民間試験のシステムを変えるだけではなく、私たちの意識も変えなくてはいけないのだと考える。


9 views

Recent Posts

See All

AIが人間の力を借りることなくその能力を超越する技術的特異点[シンギュラリティー]に到達するのが2045年であると言われている。その未来予測は世界中で大反響を呼び、AIによる人類の恩恵と損害など様々が議論がなされている。AIとは何かを正しく理解するには、まずは本書がお勧めだ。実際、教育業界最大手のベネッセコーポレーションが大学入試小論文対策に挙げている推薦図書でもある。 新井紀子氏は国立情報研究所

初任校ではノートパソコンを活用した最新の講義型の授業をしていた(つもりだった)。当時は英文解釈が中心の予備校風の授業で、生徒に寝られたら見た目が悪いと必死だったが、結局テスト一週間前に演習させるのが最も力がつくなと感じていた。実はその秘密が「生徒の能動的な学習」だったのだろう。大学院での研究以降は、「アクティブラーニング推進校」などの経験から、生徒が「能動的に学ぶ」、そしてそれが結果的に楽しい授業

大学入試改革の中、英語科指導の中で最も大きく変化したのが共通テストの問題、特にリスニングの配点がリーディングと同じになったことだ。これは新学習指導要領が4技能重視のアクティヴラーニングを推進する以上のインパクトがある。結局、生徒の学習のモチベーションや教師側の求められる実績に直結するからだ。そういった理由でこの研修会に興味を持って参加した。 講義の結論から言うと、自分がある程度英語を極めた学習方法

Featured Posts

Categories

Archives