• Tom

エラーと学びの場


日本の英語教育が目指す理想の生徒像は、ネイティブスピーカーのような完璧な英語ではない。従って、学習者もそれを期待して勉強をしてはいけない。あくまで第二言語としての英語を使いこなす力である。魔法のような方法はなく、間違えながら少しづつ上達していくしかないのだ。

 「活動あって学びなし。」授業実践者として、この小見出しにハッとするところがある。私は英語の授業は「机に向かう勉強」ではなく、「体を使う訓練」の場であると考えているが、果たして自分の提供する活動はその効果をどれほど期待できるか。安河内哲也の提唱する「授業満足度×成績伸び率」は、私の大きな課題の一つだ。「うまくいった授業なんて年に数回だ」というベテランの先生の言葉は重い。

 山田誠司教科調査官は、「言語活動のあとにいかに指導を行うか」が大切であると言う。「エラーを拾い上げて指導すること」という視点は評価との一体化という観点からみても不可欠な要素だ。ただ、中学生に「なぜできるようになったかを振りかえさせる次に繋げることまでは難しいだろう。この傾向は、学力で輪切りされた高校の下位になればなるほどではより顕著なのは想像に難くないだろう。

 小学校から外国語活動が始まり、中学校では「入学段階での実態に差が生じる」可能性も指摘されている。生徒同士の学び合いの中ですでに序列が存在する可能性もあるわけだ。互いにミスを指摘し合って、切磋琢磨する学びの場を教師が意図的に仕掛けることが重要になってくるのだろう。

※参考文献

日本英語検定協会、(2019 )、『英語情報 2018年1号』

安河内哲也、(2007)、『できる人の教え方』中経出版


10 views

Recent Posts

See All

東京都4級職(主幹)試験面接対策 「4級職(主幹教諭)として抱負」

東京都の4級職、主に主幹教諭(A選考)の志望理由署の例を以下に載せてみた。『最新 教育キーワード(13版)』などを参考にしながら、4級職の位置付け、つまり管理職と主任教諭及び教諭との中間で何ができるかといった視点が求められる。面接試験では志望理由にある内容に関連したより広くかつ具体的な内容を問われるだろう。自分の中に大きな核のようなものを持っていたい。以下は例文として参考にしてほしい。 *****

衝撃!英検が採点にAI導入を発表(後編)

AIの飛躍的な発展によって、私たちの生活が大きく変わろうとしている。現在の技術革新と社会動向をみれば、日本英語検定協会が採点にAIを併用導入することは必然的だった。はたしてこの精度が飛躍的に伸びたら、人間の採点、例えば面接委員は不要になってしまうのだろうか。その場合、私たちに求められている英語の4技能はAIに補完されうるのか。ここに英語(他言語も含む)の学習(指導)意義はあるのあろうか? 上記の問

夏の教育セミナー 2020 〜L・Rは日々の積み重ね〜

今年の夏の教育セミナーは、新型コロナウイルス感染防止の観点からオンラインで視聴するという形になった。実施会場まで足を運ばなくて済んだももの、多忙からすべての内容を視聴することが難しかった。ただ、言うまでもなく例外なのは受験生や保護者、そして指導する教職員、教育関係者も同様である。個人的には、大学入学共通テストを始め、2学期の戦略を立てる上で重要な視点を再認識できたとように思う。安河内哲也氏の動画は

Featured Posts

Categories

Archives