• Tom

大学入学共通テストの記述式問題は廃止せよ

 大学入学式共通テストで、英語の民間試験導入延期に伴い、国語・数学の記述式問題の延期または中止が検討されている。思考力等の評価を目的としているのだが、およそ50万人受験する試験としては致命的な欠陥を抱えている。

 第一に、公平性に大きな問題を抱えている。およそ50万の生徒の記述式答案を公平に採点するのはほぼ不可能だ。採点の基準が明確であれば差異がないように感じるかもしれないが、生徒の解答は想定されないものばかりだ。実際、高校入や資格試験等の採点の現場では、想定外の解答をどの基準に落とし込み、すべてにおいて公平になるかを考えなければならない。悪いことに、採点者にはアルバイトを含むようで、専門的知識のなければ公正かつ適正に採点できないことは容易に想像がつく。受験生の人生を賭けた答案を採点者側が真摯に受けて止める仕組みになっていない。

 第二に、上記の理由で生徒が自己採点をすることが出来ないために、その後の出願に大きな影響を及ぼすからだ。つまり、生徒が自分の解答を再現することだけではなく、実際の採点と自己採点に乖離が起こる。すると数点違いで何千人、分布によっては何万人と順位が変わってしまうために、正しい進路選択が困難になる。マークシートでさえも自己採点が完全に一致するとは限らない。高校生は普段のマーク式問題でさえ相当の誤差が生じているのが現状だ。それが記述式となれば正しく自己採点することは相当厳しい。受験生の心理がどのように出願に影響されるかも不透明だ。

 共通試験の記述式問題の中止は妥当であるが、英語の民間試験導入と大学入試改革の2本柱を失い、当初の変革に黄色信号が灯った。もちろんマーク式が万能だとは思っていないし、何かを改革しようとするときにある程度の痛みを伴うのは仕方のないことだ。だからといって大学入試改革を頓挫させる必要もない。「延期」または「中止」になるのであれば、今後の見通しに十分な妥当性を持たせて欲しい。

4 views

Recent Posts

See All

2020年度からセンター試験が廃止され、新しく共通テストとして生まれ変わった。そして、試行問題を含めた数回の問題分析の結果、かなり癖のあることが明らかになってきた。本稿では今後の対策や予想を含めて講評していく。 センター試験では前半に発音・アクセント問題から文法・構文問題等の知識を問う問題が出題されたが、共通テストではすべて長文問題となった。設問を解くために知識を問うことはあるが配点は僅かである。

長文読解問題を解く際には、漫然と読んで解答したのでは効率が悪いことがある。戦略的に読むということを丁寧に解説しているのが「魔法の長文解法」である。初版が1991年で、当時から安河内哲也は「基礎から偏差値アップ総合英語」や「有名大突破 戦略英語解法」といった人気講座を開いているが、長文読解解法のエッセンスが凝縮されている良書である。 近年は4技能の向上に焦点を置いているもの、それでも英文解釈や効率的

英検1級の英作文は、制限時間が短いアカデミックライティングである。そこで、説得力ある英文を持たせるためには、事前に自分のロジックを組んでおき、そこに自分の意見を埋めていくようにすると良い。その際のロジックを準備するのに本書は非常に便利である。 特効薬という意味で、第7章「英文ライティングの構成力を表現力UPトレーニング」を活用したい。「イントロの作り方楽勝パターン」、「強調の表現の使い方」から、「

Featured Posts

Categories

Archives