• Tom

今年の漢字 2019

 「無難だな。」これが率直な感想だ。日本漢字検定が公募して発表する今年の漢字は「令」になった。平成から「令和」に変わったことに加え、その元号の由来が古典に由来することで、日本の伝統文化を再認識するきっかけとなったからだとい

う。一年の総まとめの漢字が否定的なニュアンスでないことは喜ばしいことだ。

 さて、ここからはGHF’03から続く毎年恒例の「私の今年の漢字」シリーズだ。

2008年「転」

2009年「停」

2010年「躍」

2011年「結」

2012年「蓄」

2013年「修」

2014年「再」

2015年「二」

2016年「合」

2017年「落」

2018年「接」

 今年は3年ぶりに担任に復帰したのだが、とにかく大変な学年だった。毎年、担任専用ノートとしてモルスキンのノートを使用している。例年は半分から三分のニ程度しか使わないのに、今年は12月で残り数ページだ。いろいろあり過ぎて「暴」の字が真っ先に浮かび、そしてそれ以外は出てこなかった。だからこうしよう。私の住んでいる地域は、年間で2回も台風の「暴」風域に入った(しかも一回は台風の目が通った!)から「暴」ということになったのだと。

 さて、みなさんの今年の漢字は何だろうか?

※参考文献

日本漢字検定協会、(2019)

4 views

Recent Posts

See All

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。 突然見知らぬ人がお茶をしませんかと家に上がり込み、家中のものを食べ尽した て、そのまま帰っていく。それでも残された家族は動揺もせず、次に同じ客がきた時のためにその分まで食料を買うのだ。ただし、その客は結局、二度と現れなかった。 これは、The Tiger who Came to Eat(『おちゃをのみにきたとら』)という童話の要点であ

今年も新型コロナウイルスは猛威を振るった。新型コロナウイルスは拡大と終息を繰り返したが、特に、オリンピック・パラリンピック(東京五輪)の開催中のコロナ感染拡大第5波はかなり深刻に感じた。一部の人間のために5年越しで強硬手段を取ったことに対する政治への絶望感を感じた。ただ、一方で、藤井聡太四冠は王将戦の挑戦者になって五冠になる可能性を秘めている。そういうわけで、今年の漢字は「五」を予想していた。しか

Featured Posts

Categories

Archives