• Tom

大晦日 2019

 問題を直視せず、先送りをしたことで一気にその不満が爆発したように感じる。香港の雨傘運動は、若者が「高度の自治」の形骸化にNO!を突きつけた形となった。また、16歳の環境活動家グレタ・トゥンベリは、国連の「気候行動サミット」で各国首脳陣に地球温暖化防止を強い口調で訴えた。建前や保身といった「大人の世界」が世界中で痛烈に非難された出来事であった。

 「先送り」というキーワードで国内を見ると、大学入学共通テストの英語民間試験導入と国語・数学の記述問題の見直しが頭を過ぎる。特に英語に関しては、4技能を育成することには賛成だっただけに、非常に残念な結果である。(詳しくは、「朝日新聞の記事(朝刊紙面・デジタル)に載りました ~記事の裏側~」を参照して欲しい。)ただ、私たち現場がもっと早くから危機感を持たなければならなかったことは反省点である。

 それにしても干支の力を得たような活躍だった。ラグビー日本代表がワールドカップでベスト8に進出し、「ONE TEAM」というフレーズは流行語大賞になった。そこには私たちが本来あるべき社会を想像したのかもしれない。日本は「平成」から「令和」に年号が変わったが、新しい気持ちで仕切り直しをしたいという雰囲気が醸成されていたような気がする。

 一方で、どれだけ科学技術が進歩しようが、台風直撃やそれに伴う河川氾濫など自然の脅威の前に人間は無力だ。私たちは、テロ(宗教対立)、核兵器、格差社会、少子高齢化といった現実を前にどこか閉塞感・虚無感が拭い切れずにいるように感じる。突破口は必ずあると信じながら年を越したい。

 それでは、1年間、ありがとうございました。良いお年を。

※参考文献

Tom, (2019)「https://www.seizeyoursky.com/single-post/2019/08/17/朝日新聞の記事に載りました-~記事の裏側~」

1 view

Recent Posts

See All

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。 突然見知らぬ人がお茶をしませんかと家に上がり込み、家中のものを食べ尽した て、そのまま帰っていく。それでも残された家族は動揺もせず、次に同じ客がきた時のためにその分まで食料を買うのだ。ただし、その客は結局、二度と現れなかった。 これは、The Tiger who Came to Eat(『おちゃをのみにきたとら』)という童話の要点であ

今年も新型コロナウイルスは猛威を振るった。新型コロナウイルスは拡大と終息を繰り返したが、特に、オリンピック・パラリンピック(東京五輪)の開催中のコロナ感染拡大第5波はかなり深刻に感じた。一部の人間のために5年越しで強硬手段を取ったことに対する政治への絶望感を感じた。ただ、一方で、藤井聡太四冠は王将戦の挑戦者になって五冠になる可能性を秘めている。そういうわけで、今年の漢字は「五」を予想していた。しか

Featured Posts

Categories

Archives