top of page

不撓不屈の精神

 2019年(第95回大会)の箱根駅伝で早稲田大学の1区を走ったのが、中谷雄飛という選手だ。この選手は、全国駅伝優勝、日本クロスカントリージュニア選手権連覇、アジアクロスカントリー優勝といった輝かしい実績を持っている。「高校のときは日本人選相手に無敗だった」そうだ。

 すっかり冬の風物詩となった箱根駅伝では、箱根駅伝区間1区を走り4位という結果だった。一方では、箱根駅伝に出場することさえ相当の努力とレベルが求められているとも言えるだろう。特に1区は集団でスタートし、駆け引きがしながら走らねばならないので、相当の重圧があっただろう。だからこそ、どこの区間であっても、次回の中谷選手の箱根駅伝での走りに期待するものがある。

 中谷選手の信条は、「不撓不屈」だという。「屈することのない、勝ちにこだわる固い意志が世界への道を切り開く」と述べている。そにはライバルへの闘志と共に、早稲田大学という名を掛けて戦っている気持ちも伝わってくる。

 早稲田大学には、早稲田アスリートプリグラム[WAP]というものがある。学生の修学支援だけではなく、人格統治プログラムがあり、アスリート教養や国際交流プログラムといった活動を行っている。1つのことを突き詰めようとしたときに、思考が行動が制約されることがある。海外に出たときに日本語や日本を見つめ直す機会になるのと同じだ。多くの経験を通して、その選手だからこそできる不撓不屈の精神で社会貢献の形を追求して欲しい。頑張れ、WASEDA!

★追記

 2020年(第96回箱根駅伝)は早稲田大学7位。最後の大手町の7位争いで1秒差で振り切った選手の根性に脱帽だ。他大学の選手の魂の走りにはぐっとくるものがあった。

※参考文献

早稲田大学校友会、(2019・10)『早稲田学報』

23 views

Recent Posts

See All

『サレタガワのブルー』(漫画版)〜不倫から純愛への脚本力が面白い〜

『サレタガワのブルー』はセモトちかによる女性漫画で、「読んだら必ず不倫をしたくなくなるマンガ」をコンセプトにしている。出版社は集英社で、アプリ「マンガMee」に掲載されている。ただし、単純な復讐劇ではなく、不倫された側の葛藤、苦しみなどを繊細かつ巧妙に描かれている。全145話(補足も12話あり)で、2018年から2022年まで発表された。2021年には漫画版の前半部分がドラマ化されている。 主人公

ある原作者のメガヒットの秘訣

高校生が文理選択や学部・職種・業種を選ぶのは本当に大変だ。彼らの気持ちは痛いほど分かる気がする。いろいろか考える視点はあるが、私は、学部・職種を提示して自分が「やいたくないもの」を先に選ばせてから、残った選択肢の中から「やりたいもの」を考えさせるようにしている。ただし、やりたいけど適性がない、または適性があるのに本人がやりたくないこともあるので、最後は自分で決めるしかない。 ところで、問題です。

『彼女と彼女の猫』-Their Standing Points-〜「世界系」の原点〜

作品時間が5分もないアニメーションは非常に美しく、しかしその理由を初見で明確に説明するのが難しかった。ただ、全体的な雰囲気が以降の作品の原点になっているのは良く分かった。センチメンタルな雰囲気は『秒速5センチメートル』に似ている。実写かと思うほどの背景画に対して、主人公は驚くほど雑だ。猫をナレーションにした視点は『だれかのまなざし』そのままで、最後の男女の掛け合いで終わるシーンは『ほしのこえ』であ

Featured Posts

Categories

Archives
bottom of page