• Tom

不撓不屈の精神

 2019年(第95回大会)の箱根駅伝で早稲田大学の1区を走ったのが、中谷雄飛という選手だ。この選手は、全国駅伝優勝、日本クロスカントリージュニア選手権連覇、アジアクロスカントリー優勝といった輝かしい実績を持っている。「高校のときは日本人選相手に無敗だった」そうだ。

 すっかり冬の風物詩となった箱根駅伝では、箱根駅伝区間1区を走り4位という結果だった。一方では、箱根駅伝に出場することさえ相当の努力とレベルが求められているとも言えるだろう。特に1区は集団でスタートし、駆け引きがしながら走らねばならないので、相当の重圧があっただろう。だからこそ、どこの区間であっても、次回の中谷選手の箱根駅伝での走りに期待するものがある。

 中谷選手の信条は、「不撓不屈」だという。「屈することのない、勝ちにこだわる固い意志が世界への道を切り開く」と述べている。そにはライバルへの闘志と共に、早稲田大学という名を掛けて戦っている気持ちも伝わってくる。

 早稲田大学には、早稲田アスリートプリグラム[WAP]というものがある。学生の修学支援だけではなく、人格統治プログラムがあり、アスリート教養や国際交流プログラムといった活動を行っている。1つのことを突き詰めようとしたときに、思考が行動が制約されることがある。海外に出たときに日本語や日本を見つめ直す機会になるのと同じだ。多くの経験を通して、その選手だからこそできる不撓不屈の精神で社会貢献の形を追求して欲しい。頑張れ、WASEDA!

★追記

 2020年(第96回箱根駅伝)は早稲田大学7位。最後の大手町の7位争いで1秒差で振り切った選手の根性に脱帽だ。他大学の選手の魂の走りにはぐっとくるものがあった。

※参考文献

早稲田大学校友会、(2019・10)『早稲田学報』

10 views

Recent Posts

See All

『君の名は』〜「順番」が大切〜

東京の大都会に住む男子校高校生、立花瀧。そして飛騨の田舎に住む女子高生、三葉。まったく接点のない二人であるが夢を見るたびにお互いが入れ変わっていることに気付く。前半はそんなシチュエーションをおもしろおかしく描いているのだが、それは後半への計算し尽くされた怒涛の展開への伏線だった。隕石の降る夜に起こる2人の愛の形と世界の運命を変える(いわゆる「世界系」の)壮大な物語りである。 『君の名は』は2021

一流選手のメンタル力

東京オリンピックが新型コロナウイルのために平和の祭典は延期となった。社会的に大きな影響を与えたが、それは日々競技に深刻に打ち込む選手にも精神的に大きなものであっただろう。例えばハンドボールの東江悠斗は、「五輪が延期になったから成長できる」とあくまで肯定的に捉えている。一流の選手の言霊は違うなと思った。 池江璃花子選手日本選手権の女子自由形決勝で代表内的基準のタイムをクリアし、リレーメンバーとして五

『あの花の名前を僕達はまだ知らない』〜郷愁の中に咲く「あの花」〜

子どもの頃は抱いていた、でも成長するにつれて忘れてしまった大切なもの。それは、あの頃あの場所に咲いていた「あの花」。仲良し6人組は、メンバーの1人の不慮の事故死をきっかけに離れ離れになってしまった。その5年後、亡くなったヒロインは昔の願いを叶えて欲しいと再び主人公の前に現れる。メンバーの様々な気持ちが交錯するなかで、それでも願いの答え、そしてその先にある本当に大切なものを見つけようとする。ファンタ

Featured Posts

Categories

Archives