今、問われている働き方とは?

 豪州に留学中、運転免許を取るためにドライビングスクールに通った。通うとは言っても向こうでは最初から実地練習となる。苦い思いであるが、初めて車をバックした時に、加減が分からずペダルを強く踏んでしまい、ベンチに突っ込んでしまった。問題はそこからで、私は言われるままに修理料金を払ってしまった。通常は教官が保険に入ってるのが普通で、支払い義務はなかったのである。

 そこで、公的機関の弁護士にお願いして、支払いの回収を依頼した。ところが、とにかく担当者が休暇中でなかなか会えない。結局、帰国の日が迫ってしまい、回収不能になってしまった。豪州の人はなんて怠け者なんだ、と思ったものだが、事実は逆であろう。日本人は働きすぎなのだ。世界に目を向けると日本の異様さが分かる。

 アメリカでは終身雇用ではなく目標管理制度と、いつでも解雇できる随意雇用が主流である。結果さえ出せば勤務時間は関係ないわけで、実に合理的でシビアな世界だ。また、カナダやデンマークでも勤務時間ではなく、与えられた仕事をこなすかどうかが重要となっている。それに比べて日本は年功序列・終身雇用を基にした長時間勤務が常態化している。

 ただし、近年話題になっている「働き方改革」は、単に勤務時間を短くすれば良いと言うことではない。早稲田大学商学学術院の小倉一哉は「業務の無駄を省いたり、企業として効率的な稼ぎ方を模索したりすること」が主眼であるべきだと言う。そこで、例えば、働き方改革コンサルタントの林宏昌は、「目的、方法、統合」が成功のポイントだとしている。特に、人事・総務・ICTの各担当者がトライアンドエラーを繰り返しながら、課題と価値を実証することを提唱している。日本にも仕事は量より質であることを意識した働き方を目指さないといけない。近い将来、「日本人はなんて怠け者なんだ!」と思わせたい。

※参考文献

早稲田大学校友会、(2019・12)『早稲田学報』

8 views

Recent Posts

See All

ロシアのウクライナ侵攻は絶対に許されない蛮行だ。もちろん私たちは新米欧諸国の枠組みの中でメディアコントロールされているので、他方にも主張があるかもしれない。しかし、戦争という暴挙が多くの命を奪い、幸せな日常が失われている事実は変わらない。特に、ロシアの戦術は非人道的で絶対に正当化されるべきではない。戦争ではなく軍事作戦だと詭弁を並べ、弱者の市民を殺傷し、人道回廊にも砲火を浴びせる。これらは国際法に

タイトルの「なんとかする」には、筆者の貧困問題に対して「1ミリでも進め」ようとする意気込みが込められている。貧困という実態を把握し、たとえある実践の行動が最適解ではなくてもその行動を尊敬しようとする姿勢がある。第一章で子どもの貧困問題の概論や理論面が説明され、それ以降は個人、自治体、企業から法制度の支援例に言及している。 湯浅誠は08年には年越し派遣村村長として活躍。その後、内閣府参与、法政大学教

自分が過ごした時代区分である「平成」というものがどのように理論的に総括できるのか。それが本書を手に取った理由である。内田樹編者にしたアンソロジーで、政治、文化、自然科学、宗教、哲学など広い分野で平成が論じられている。令和の時代を展望するにあたって、平成がその前後と何が異なるのかを比較することで見えてくるものがある。 編者の内田樹は一人目の論者で政治的な側面から時代を五段階に区分する。平田オリザはス

Featured Posts

Categories

Archives