Search
  • Tom

ラーメン食べ歩き紀行 (16) ごっつ

ごっつ 秋葉原店

「間違いなく『ごっつ』濃い!」

 湯島天神に初詣に行った帰り道、どこかおいしそうなラーメン屋がないかと思って立ち寄ったお店だ。しかし、そのインパクトは「立ち寄った」レベルのラーメンではなかった。

 アプリで辿りついた先にはすでに行列ができていた。お店の前には、雑誌に紹介された等の紹介があり、期待値が膨らむ。とりあえず、SNS用の撮影おもちゃがあるので記念に一枚パシャ。

 店内に入るとさらに行列。カウンター席しかなく、券を購入したお客が後ろで待っている。この状況はあまり好きでない(私は外で待っている方が気が楽だ)。店内やサービスは煩雑な感じだが、食べ始めると後ろが気にならなくなるほど、個性のある味に出会える。注文したのは、かつおしょうゆラーメン(「好み」はすべて「普通」)。そして、一口食べて絶句。こ、濃い…、そして美味い。どろどろ加減で言うと、天下一品のこってりをさらに濃くした感じで、そのインパクトがすごい。「とっても」濃いのではなく、「ごっつ」濃いのだ!

 ニンニクを入れればさらにパンチが加わるが、少量では味が変化しないので大量投入。ちなみに、あまりの濃さのため、好みによって割りスープを頼むことも可能だ。(私も最後に入れてみたが、このお店の個性を考えると失敗で、そのままがうまいということ。)

 まとめると、かつお、しょうゆ、背脂を絶妙に混ぜ合わせたこってりラーメンは新年最初の当たりラーメンだった。

1 view

Recent Posts

See All

ラーメン食べ歩き紀行 (15) まる重

まる重(通販店) 「家庭で本場の美味しさを堪能!」 「今夜の夕食は特別だよ」と聞いて楽しみにしていた。ラーメン二郎のインスパイア系ということで、台所には大量のもやしとキャベツ(野菜マシマシ)、刻みニンニク一皿(ニンニクマシマシ)が用意されていた。それでも、まさか食後にこうして感想を書くとは思っていなかった。 というのは、大変失礼ながら冷凍食品は実店舗の味には追いつけないだろうと思っていたからだ。と

ラーメン食べ歩き紀行 (14) 壱六家

壱六家 大森店 「醤油のコクとトッピング(とアイスクリーム)」 初回訪問時は家族でしながわ水族館から歩いてはるばるたどり着いた店だ。ただ、実は大森駅から徒歩1分のところにある。 さて、ここは看板名の通り家系ラーメンである。美味しいと思う家系の要素の1つにスープとトッピングの相性がある。特に、ニンニクを入れた後にパンチが効いた味になるかどうかが重要だ。入れても全く味に変化が出ないとつまらない。しかし

ラーメン食べ歩き紀行 (13) 無鉄砲

無鉄砲 東京中野店 「そりゃ、カップ麺にもなるよな!」 沼袋駅の北口からを降りて、商店街を抜けた先にあるのが「無鉄砲」の東京中野店だ。行列ができる、しかもカップラーメンにもなったと聞けばさすがに期待が膨らむものだ。店内は15人程度入れると思うが、もちろん私が訪問した2回とも満席だった。 替え玉や追加注文は現金でも可能とのことだ。さっそくスープを一口飲めば、その個性的な濃厚スープに魅了される。個性的

Featured Posts
Recent Posts
Archive

Copyright © 2016-2020 Seize your Sky All Rights Reserved.