『魔法の長文解法』 ~長文読解の基礎テクニックが凝縮さてれいる~

 長文読解問題を解く際には、漫然と読んで解答したのでは効率が悪いことがある。戦略的に読むということを丁寧に解説しているのが「魔法の長文解法」である。初版が1991年で、当時から安河内哲也は「基礎から偏差値アップ総合英語」や「有名大突破 戦略英語解法」といった人気講座を開いているが、長文読解解法のエッセンスが凝縮されている良書である。

 近年は4技能の向上に焦点を置いているもの、それでも英文解釈や効率的に雪面を処理していくことが中心になっているのが現実だ(2020年7月現在)。従って、下線部和訳の技術から内容一致問題、要約問題の解法までまったく古さを感じないテクニックが凝縮されている。実際、高等学校の教壇でこれらのテクニックを教えているが、非常に汎用性が高く、万能である。

 本文では解法が提示され、それを踏まえた練習問題が用意されている。基礎レベルから難関大学の基礎的な技術、さらに言えば教員採用試験や英語検定などにも十分に応用が効く。最後まで読破すれば、「もくじ」に簡潔に書かれている戦略が辞書的な手引きにもなるだろう。長文読解のバイブルとして一度はマスターしておきたい。

※参考文献

安河内哲也、(1997・1)『魔法の長文解法』(学習研究社)

47 views

Recent Posts

See All

2020年度からセンター試験が廃止され、新しく共通テストとして生まれ変わった。そして、試行問題を含めた数回の問題分析の結果、かなり癖のあることが明らかになってきた。本稿では今後の対策や予想を含めて講評していく。 センター試験では前半に発音・アクセント問題から文法・構文問題等の知識を問う問題が出題されたが、共通テストではすべて長文問題となった。設問を解くために知識を問うことはあるが配点は僅かである。

大学入学式共通テストで、英語の民間試験導入延期に伴い、国語・数学の記述式問題の延期または中止が検討されている。思考力等の評価を目的としているのだが、およそ50万人受験する試験としては致命的な欠陥を抱えている。 第一に、公平性に大きな問題を抱えている。およそ50万の生徒の記述式答案を公平に採点するのはほぼ不可能だ。採点の基準が明確であれば差異がないように感じるかもしれないが、生徒の解答は想定されない

英検1級の英作文は、制限時間が短いアカデミックライティングである。そこで、説得力ある英文を持たせるためには、事前に自分のロジックを組んでおき、そこに自分の意見を埋めていくようにすると良い。その際のロジックを準備するのに本書は非常に便利である。 特効薬という意味で、第7章「英文ライティングの構成力を表現力UPトレーニング」を活用したい。「イントロの作り方楽勝パターン」、「強調の表現の使い方」から、「

Featured Posts

Categories

Archives