• Tom

夏の教育セミナー 2020 〜L・Rは日々の積み重ね〜

 今年の夏の教育セミナーは、新型コロナウイルス感染防止の観点からオンラインで視聴するという形になった。実施会場まで足を運ばなくて済んだももの、多忙からすべての内容を視聴することが難しかった。ただ、言うまでもなく例外なのは受験生や保護者、そして指導する教職員、教育関係者も同様である。個人的には、大学入学共通テストを始め、2学期の戦略を立てる上で重要な視点を再認識できたとように思う。安河内哲也氏の動画は今回も大きな支えになった。

 今までのリーディング、リスニング指導は間違っていなかったと胸を張りたい。私の授業は、教科書等を素材にして「音読」と「タスク活動」(ディクテーションやディクタコンプなど)の2輪である。特に、学年が上がるほど模擬試験や入試問題分析といったことに気を取られ、本来の英語の学習目的である「左から右、上から下」へと英語の語順通りに処理をする「訓練」を軽視してしまいそうになる。もちろん傾向や対策は必要であるが、その基礎体力なしには何も出来ないと言うことだ。英語の教員の最大の使命は、この「訓練」と「戦略」のバランス、つまり教科書をフルに使える指導方法を模索することだろう。

 リスニング学習方法では、私の学習方法が正しいことが証明されたようで嬉しかった。「DOLS」勉強法である。ただ今回勉強になったのは、生徒への意識づけを強化することだ。例えば、リピーティングだ。教室では一斉授業になるため、同期型授業(録画型の非同期型ではない授業)では、リピーティングを入れて正しい音声で音読させたい。また、音読活動やタスク活動では音声とともに、意味を理解するように学習の目的をより明確にする必要がある。

 教室で教科書を使用した日々の積み重ねが演習や実践演習の基礎・基本となる。昨今の英語入試改革を山本崇雄は「知識偏重入試から情報検索型入試」とまとめているが、「どんな自分になりたいのかを問いかける」ことで目標に向けた動機付けの継続が大切だ。だからこそ、安河内哲也もゴッホの言葉で締め括ったのだろう。

“Great things are done by a series of small things brought together.”

(偉大物事というものは、一連のまとまった日々の小さな力の積み重ねだ)

※訳=Tom

※参考文献

安河内哲也、(2020.8) 第7回夏の教育セミナー資料「夏期セミナー共通テスト part1」

安河内哲也、(2020.8) 第7回夏の教育セミナー資料「夏期セミナー共通テスト part2」

山本崇雄、第7回夏の教育セミナー資料「夏期セミナー共通テスト 授業実践例 英語」

3 views

Recent Posts

See All

東京都4級職(主幹)試験面接対策 「4級職(主幹教諭)として抱負」

東京都の4級職、主に主幹教諭(A選考)の志望理由署の例を以下に載せてみた。『最新 教育キーワード(13版)』などを参考にしながら、4級職の位置付け、つまり管理職と主任教諭及び教諭との中間で何ができるかといった視点が求められる。面接試験では志望理由にある内容に関連したより広くかつ具体的な内容を問われるだろう。自分の中に大きな核のようなものを持っていたい。以下は例文として参考にしてほしい。 *****

衝撃!英検が採点にAI導入を発表(後編)

AIの飛躍的な発展によって、私たちの生活が大きく変わろうとしている。現在の技術革新と社会動向をみれば、日本英語検定協会が採点にAIを併用導入することは必然的だった。はたしてこの精度が飛躍的に伸びたら、人間の採点、例えば面接委員は不要になってしまうのだろうか。その場合、私たちに求められている英語の4技能はAIに補完されうるのか。ここに英語(他言語も含む)の学習(指導)意義はあるのあろうか? 上記の問

『知の体力』 〜高等学校の学びの本質〜

大学の卒業論文には苦い思い出がある。大学受験までの思考、つまり授業の課題には常に答えがあるという固定概念のせいで、答えのない問題に自分なりの意見を見つけることがあまりなかった。一応卒論ではある程度の結論には達したが、参考書の引用や見解をなぞる部分も多くなってしまった。指導教官に喫茶店で叱られた苦い思い出もある。もし私が学生時代に新書『知の体力』を読んでいたら、卒業論文はまた違った結論になっていただ

Featured Posts

Categories

Archives