• Tom

スノーケリング ー Episode 2 ー

 スノーケリングを楽しむための一式を紹介するので参考にして欲しい。

◯ スノーケリングマスク

 目と鼻を覆うゴーグルと高級のためのチューブが付いている。正しく装着すれば海水が目や鼻に入ることはない。ちなみに、小さな子どもがいる場合は、浮き輪などに乗せてから、プラスチック製の覗きスコープが便利だ。

◯ ライフジャケット

 立ち泳ぎで浮かびながら覗くこともできるが、ライフジャケットを付ければ浮力があるので、落ち着いて下を覗けるうえに、体力が温存できる。(海水温度が低いときは体温が下がるのを防いでくれる。)

◯ 防水携帯カバー

 水が入ることがないので、首から下げておけばしつでも使用可能だ。海に慣れていないと海底に落下したものを回収するのにはかなり難しいだろう。(掲載した動画はカバーから取り出して撮影したので、故障の原因になるので要注意。)

◯ 魚肉ソーセージ

 小さく千切って水中で巻くと、魚が寄ってくる。きっとインスタ映えする写真が撮れるだろう。

<おまけ>

◯ お湯と即席スープ

 スノーケリングは思った以上に体温と大量が奪われる。休憩で水筒に熱湯を用意し、松茸スープの素などで溶かして飲むと体が温まって便利だ。

(Happy with Colorful and a Big fish)

Recent Posts

See All

『あの花の名前を僕達はまだ知らない』〜郷愁の中に咲く「あの花」〜

子どもの頃は抱いていた、でも成長するにつれて忘れてしまった大切なもの。それは、あの頃あの場所に咲いていた「あの花」。仲良し6人組は、メンバーの1人の不慮の事故死をきっかけに離れ離れになってしまった。その5年後、亡くなったヒロインは昔の願いを叶えて欲しいと再び主人公の前に現れる。メンバーの様々な気持ちが交錯するなかで、それでも願いの答え、そしてその先にある本当に大切なものを見つけようとする。ファンタ

箱根駅伝と新型コロナウイルス

新春の2日・3日は東京箱根駅伝だ。母校を応援しようと朝早く起きれば、規則正しい生活を送れるもんだ。大学は青春の1ページであるし、卒業後の母校活躍は一種の自尊心でもあるし、箱根駅伝の強豪校を応援できるのはあの頃必死に頑張った人生のご褒美だ。 ご存知の通り、箱根駅伝はリレー形式になっている。個人の力だけではなく普段のチーム力も試される。また、シード権争って10位を死守する戦いや各中継所によ設定された通

Featured Posts

Categories

Archives

Copyright © 2016-2021 Seize your Sky All Rights Reserved.