top of page

謹賀新年 2024

 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

 今年の干支は「辰」だ。辰はワニの顎や鹿の角などの複数の動物の部位を組み合わせたドラゴン[龍]であるとされ、十二支の中で唯一の架空の生物である。なぜ十二支の中に実在しない動物が入り込んだのかははっきりとしていない。ただ、この不思議な動物は自然なほど私たちの日常に溶け込んでいる。

 実態は良く分からないが、私たちの生活に不可欠なものは非常に多い。例えば携帯電話。ボタンを押すだけで遠く離れた相手と会話ができ、カメラで鮮明な写真が撮影もできる。しかし、その現象の理論を説明できる人はあまりいないだろう。近代社会には、実態は分からないけれど、それ自体が高度な文明を構成していることが多い。

 近年はこうした不確かさの次元がより高くなってきている。AIの進歩である。ディープラーニングによる機械学習は人間の手を離れて自律的に動くようになっている。原理的には人間の脳を模倣したニューラルネットであるが、その処理方法は人間にはよく分かっていない。つまりブラックボックス化しているのだ。これがAIに関する倫理的なガイドライン作成が喫緊の課題である所以だ。

 今年、AIはどこまで進歩するのだろうか。脳神経学、生物工学、倫理学などの研究者、専門家及ぼ関係者が総力を上げて創りたい最先端の産物は、このまましばらく架空のままでいるのか、それとも指数関数的な進化を遂げて私たちの空間をすっかり覆い尽くすのか。いずれにしても辰年に考えるべきことは、この「ドラゴン」をいかに操り、共存していくかである。この論考こそが人類の今後の発展に大きく左右するかもしれない。今日はそんな新時代の幕開けである。

0 views

Recent Posts

See All

今年の漢字2023

日本漢字検定協会が公募、発表した今年の漢字は、「税」だった。実は「税」に関する大きな施行はなかった。政府が財源確保のために「税」に関する議論が活発であったからだ。首相の今後の方針が憶測を呼び、「増税メガネ」という不名誉なあだ名までついてしまった。ただ、この漢字「税」は庶民が物価高から生活を切実に圧迫していることを表しているだろう。多くの国民は、他国の戦争やスポーツの偉業よりもまずは目の前の生計を立

「在野」で生きる

「在野」の意味は、辞書には「① 野外に居ること。田野の間に住んでいること、② 公職につかないで民間に居ること、③ 政党が政権をとらないで、野党の立場にあること、の3つが載っている。しかし、早稲田大学にとっては、交友(=卒業生)も含めて一般的な意味とは違う意味を持っていることが多い。それは、早稲田大学教旨にある「学問の独立」の「在野精神」としてであり、「自主独立の精神を持つ近代的国民の養成を理想とし

Featured Posts

Categories

Archives
bottom of page