疲れ切った土曜日

新型コロナウイルスの感染者が毎日のように報道される。毎日繰り返される感染者数にうんざりしている読者も多いことだと思う。それは、教育現場でも同様で無駄に学習時間だけが増え、生徒も教職員も心身ともに疲れ切っている。 新型コロナ対策で休校期間で授業が出来なかった部分を土曜授業で補おうとする。しかし、平日ではこれ以上授業時間は確保できないから、土曜日に授業が割り当てられる。休校期間には動画配信や遠隔授業などで一定の学習指導がなされていることはあまり考慮されていない。年間の授業日数を確保するため、言い換えれば、数字上の辻褄を合わせるために土日や長期休暇も登校させられている。 学校での学習時間を確保すれば学力が伸びるという発想が安易なのだ。「教える」ということは対面である必要はない。例えば、動画配信で基本的な部分を提示し、それ以外の応用・発展の部分は家庭で演習・実践ということも十分に可能だ。休校期間の学習が十分に認められず、週末に部活も重なれば気分も負担も重くならないほうが不思議だ。 政府は年末年始の休業を1月11日まで延長することを要請し、初詣や帰省の日を分散させるという。医学的に見れば妥当な判断だろう。しかし、子どもがいない年末年始を過ごすことになりそうだ。この矛盾はどう解決していくのだろうか。今日は土曜日。それでもやるからには授業はしっかりやりたい。 ※参考文献 読売新聞、「年末年始休暇、政府が1月11日まで延長要請へ…初詣・帰省の人出を分散」(https://www.yomiuri.co.jp/national/20201023-OYT1T50233/)

アドラー心理学4部作 『嫌われる勇気』・『幸せになる勇気』 『アドラー 人生の意味の心理学』 『子どもを勇気づける教師になろう』 <実践編>

実践するにはかなり難しい。それが率直な感想である。 アドラー心理学では、「早期回想」を行い、子どもの記憶から現在の「ライフスタイル」(その人の言動を決定する軸のようなもの)を探ることがある。ここで、ぜひ自身の最も古い記憶を思い浮かべて欲しい。実は数ある出来事の中からそれを記憶しているには何かの理由(つまりライフスタイル)がある。例えば、父親に赤ちゃん用の織に入れられて、舌を出して反抗したとする。これが意味するものは、いざとなると反撃する力があるが、自分の思いを出せずに苦しむ人生パターンが浮かび上がる。従って、これからは「窮鼠猫を嚙む」「自分の思いを主張する」イメージを大切にすることが有効だというのが分析の一例だ。このように、古い記憶複数を集め、分析していくことで、より良い自分の生き方を探るのがライフスタイル診断である。ただし、専門家が側にいないと、自分自身を正確に解釈するのは困難ではないかと思う。 さて、『子どもを勇気づける教師になろう!』では、学級活動で子どもを勇気づける活動として「無言の共同制作描画」というものがある。自分が完成図を想像して、一部のみの絵を書く。それを複数のクラスメートに渡して順番に渡して絵を完成してもらう。これによって生徒は、協力や貢献、または感謝の気持ちに気づくというものだ。これは学級づくりの初期に行うと面白いだろう。また、「勇気づけの落書き帳」というワークシートを応用し、自分の長所を記入させて、他者と自認している長所の違いを気づかせる活動もやった。こういった種類の活動は、生徒の自己肯定感を高めるには取り組みやすいだろう。 ただし、アドラー心理学を日常や

Featured Posts

Categories

Archive

Copyright © 2016-2020 Seize your Sky All Rights Reserved.