top of page
  • Tom

ラーメン食べ歩き紀行 (19) 波浮 〜離島で背脂しょうゆラーメンの極み〜

伊豆諸島の一つである神津島。東京からおよそ180km南西にある人口1900人ちょっとの小さな島である。かつて神々が集まって水の分配を話し合ったとされる伝説の島だ。真っ白な浜辺が続く前浜海岸、海底まで透き通った赤崎遊歩道。スノーケリングやダイビングに最適なエメラルドグリーンの海である。そして島の中央には独特のフローラと伊豆諸島を眺められる天上山。さらに多幸湾やありま展望台など島中に絶景があり、イスズミ、カンパチやムロアジなど様々な大物を釣ることができる。

 そんな雄大な自然を感じられる島であるため、ラーメン店は数軒で、「ラーメン」を屋号にしたものはない。その中でも「レストラン波浮」の背脂しょうゆラーメンは絶品である。昭和の雰囲気が充満する1階は、ラーメン屋というよりは、定食屋(居酒屋)で、2階にはカラオケルームがある。アルコールに混じったメニューから、まさかのうまいラーメンである。

 ここの背脂しょうゆラーメンは、しょうゆのコクを十分に引き出していて、背脂のうまみとうまくマッチしている。特別に何かを主張しているわけではないのに、オーソドックスなまま味を極めているといった印象だ。他にも、背脂系のラーメン屋つけ麺も味わったが、背脂しょうゆが群を抜いている。

 神津島に行くには調布飛行場から飛行機で40分、船(大型船)で約10時間、ジェットフォイル(JF)で約3時間45分だ。さらに細道の奥にあるお店は食べログには登録されてないため、島内のパンフレットなどで場所と開店時間を確認しなければならないだろう。島民でないとたどり着くのが難しいかもしれないが、それに見合ったラーメンが待ってるだろう。

14 views

Recent Posts

See All

ラーメン食べ歩き紀行 (21) 大和家 〜クリーミーな家系ラーメン〜

大和屋 片倉店 「クリーミーな家系ラーメン」 貴重な休日に家系の豚骨醤油ラーメンを食べてみた。以前に通りかかったときに多くの人がいたので、気になっていたところだ。(毎月1日に開催される激安日祭の日だったようだ。) 家系ラーメンの大和屋は、どのお店も玉ネギやおしんこうなどが無料のようで、コロナ対策も万全で清潔感があって安心して取ることができた。 ここの特徴は、クリーミーな塩ダレスープにあると思う。外

ラーメン食べ歩き紀行 (20) びんびん亭 〜八王子ラーメンにハマりました〜

元祖敏々亭 びんびん 本店 「八王子ラーメン」とは醤油をベースにした澄んだスープと、その表面に油が浮いていて、八王子特産品である玉ねぎのみじん切りが入っているラーメンである。それ知ってからぜひ食べてみたいと思い、まずは有名店からリサーチして訪問することにした。 コロナ禍の最中に、家族分の食券購入で騒いでしまって店員さんをちょっとだけ不快にさせてしまった。すみません。食券を渡すとあまり待つことなくす

ラーメン食べ歩き紀行 (18) わいず 〜うまい!が家に届きます〜

訪れたのは21時頃。外食続きによる胃の疲れと行列でちょっと入店をためらったが、どうしても「神田ラーメン」なるものを挑戦してたくなった。 食券を購入し、順番が来たので、席を示される。食べてる人に鞄がぶつからないように身を縮めて入ったと、頭上の棚になんとか荷物を入れ込む。トイレに行くのも一苦労だ。カウンター越しに汗だくでスープを仕込んでいる姿とその匂いに期待が膨らむ。着丼してスープを一口すすると、濃厚

Comments


Featured Posts

Categories

Archives
bottom of page