top of page

AIと多様性の論点整理 2023

 私が初めて「ChatGPT」という言葉を聞いたのは、昨年の2月の高校入試の採点日だった。今後の学校教育のあり方を議論しながら、私は自動生成プログラムが英語学習だけにとどまらず、広い分野に影響を与える技術発展だと衝撃を受けた。私はその日を忘れられない。生成AIに関してはれブログで見解を述べたいと思っていたが、その議論の浸透度は私の想像を遥かに超えたスピードで広まっていった。

 近年、私たちは、例えばGAFAMといった様々なデジタル環境に囲まれて生活するようになった。特に最近注目されているのはメタバースだ。アバターを解して仮想現実とリアル社会が融合する「仮想実世界」を作り出し、私たちの身体性や属性を超えた存在となっている。こうした潮流の中で、人間の言動はデータとアルゴリズムに起因するといった哲学的提起や、AIの発展などによって教育がより画一的・パッケージ化されているといった指摘もある。

 さらにSociety 5.0の目指すべき原則の1つに”Diverisirty & Inclsuin”がある。この多様性[diversity]もホットな議論である。ただし、安易に「違う」ことを称賛することは、他者の困難や配慮が他人事になってしまい、世の中に分断が生まれてしまう危険性を孕んでしまう。それは障害者や認知症、まはた文化の違う人々などに人々に対して普遍的な多様性と共同性・またはその普遍性を理解する必要がある。

 このようなデジタル環境や人間関係といった外的変化と多様化の価値理解という内的変化が同時に起こっているのが現代社会である。無限大に増えるデータとネット空間に対して、現実では分断によって世界観が小さくなっていく。例えば、教育では将来的には物質的な学校はなくなり、アバターが個別最適化された授業を受けるかもしれない。しかし、リアルの世界で直接の触れ合いの中かで他者尊重多様性を理解できるのだろうか。さらに、これは大人の世界にも言えることだが、ChatGPTのような生成AIはは便利である一方、現実の社会問題に自分の言葉で向き合わず、受動的で思考停止になってしまう危惧もある。大堀精一は、このような状況を予見し「自分の内心の思いを発することが困難な時代」で、「論理的であることは(中略)この息苦しい現実から自由になり、他者への寛容性・優しさを形成していく態度につながる」と的確に述べている。(『小論文の書き方と考え方』)人間はアルゴリズムであるといった新しい人間感も登場しているが、はたして「日常の中の柔らかな論理」は単純にデジタルで置き換えられるとは考えにくにと私は考えている。

 新型コロナウイルスは完全な終息にはまだ遠いが、日本は2類から5類に移行したことでウィズコロナの時代に移行しつつある。ポストコロナ時代に向けて、これまでの政策の総括や私たちの心理面に及ぼした影響、そして今後のリスクマネジメントや国際的なイニシアチブまで多くの総括が必要だ。それは結果論ではなくコロナ禍の正と負の両方の側面から視点や議論が求められている。「現実としっかり向き合い深く考えた末に取り出したものは、他の人にも共有できる『普遍性』を帯びている。」(大堀精一)



















(ガストで配膳するAIロボット:表情を変えたり障害物を避けたりできる)


※参考文献

大堀精一、(2018 5 10)、『小論文の書き方と考え方』講談社選書メチエ

4 views

Recent Posts

See All

アントレプレナーシップと教育

加藤崇氏が立ち上げたベンチャー企業はヒト形ロボットに特化したものだった。彼はその会社の将来性を買われて、Googleによって最初に買取された日本人になった。その後の彼の活躍は、米国でAIによる水道管保守作業やインフラ保全促進で、ベンチャー企業のお手本のように感じる。天才的な起業家だ。 安定志向の高い人には、リスクを恐れずに企業に挑戦する精神に驚くだろう。このアントレプレナーシップは、しかし、誰もが

『感染症と文明 ー共生への道』〜新型コロナウイルスを理解するために〜

コロナ禍から約3年がたった。世界システムの負の側面が浮き上がり、様々な対策が講じられている。現在も情勢はまだ不安定で、新型コロナウイルスが様々な分野・場面で議論されている。個々では議論がされやすいが、そもそもの感染症の本質を歴史的・医学的に知識として持っておくことが必要だ。 筆者の専門は国際保険医療、及び熱帯感染症学を専門とする長崎大学教授で、本書が出版された前年にハイチ大地震、翌2011年に、東

『「うつわ」的利他』ーケアの現場からー〜コロナ禍から学ぶ「利他」〜

2021年度の大学入試の小論文で最も出題の多かった著者が伊藤亜紗である。その中で最も引用されることが多いのは『「うつわ」的利他』である。そこで、再頻出の問題の全文を目に通したいと思い本書を手に取った。 著者は東京工芸大学リベラルアーツ研究教育院教授で、専門は美学、現代アートではサントリー賞を受賞しており、近年は「利他」を研究テーマにしている。本書では、「利他的合理主義」、「効率的利他主義」の疑義か

Comentarios


Featured Posts

Categories

Archives
bottom of page