top of page

早稲田の古書店街

 大学受験の12月の午後だった。高田馬場の駅を降りてとぼとぼと、でも心の中はぎらついたものを持ちながら歩いた。大学受験の第一希望は早稲田大学の社会学部と決めていた。globeの『Winter comes around again』を聴きながら、もう受験勉強は今年で終わりだと心に誓っていた。1浪してどこも合格できなかったらきっともう親は助けてくれないだろうから。

 明治通りの交差点を抜けると、通りに面して古本屋が現れる。おそらく最初に左手に見えたのは平野書店、三楽書店、文省堂書店だろう。私はそのままいろいろな古書を横目に見ながら西門通りに入り、おそらく八幡坂まで戻ってきて南門を過ぎて正門に行ったようだ。「馬場歩き」の中でも「古本屋巡り」としてはベストな道順であったかもしれない。ちなみに、帰りは早稲田通りの反対側を歩いたので、本棚にいろいろな赤本が並んでいたのを記憶している。

 長年の夢が叶って早稲田に通うことになったが、今度は自転車で早稲田通りから西門通りを疾走することになった。授業に間に合うことが第一優先だったから、古書は奥から手前に猛スピードで流れる画でしかなかった。帰りに赤本を懐かしむこともなかった。本当に忙しかった。だから、本当に大切なものを見つけることもなく卒業してしまったような気がする。

 早稲田の古書店はここ30年程でだいぶ減ってしまったようだ。それでも、今風の新興店も出てきていて新しい活気が出ている。決して新書だけを扱つ大型の書店が立つこともない。このように早稲田の古本街は独特の雰囲気を醸し出している。そこが早稲田らしさのような気がする。

※参考文献

早稲田大学校友会、(2021・9)『早稲田学報』

13 views

Recent Posts

See All

新型コロナウイル感染が世界中に拡大し、医療・経済・教育などあらゆることが変化し、多くの議論が行われている。現実問題として医療や経済などに目が向かいがちであるが、終息する気配もなく、どこが退廃的な雰囲気が醸成されているのはなぜだろうか。 大澤真幸の論考「不可能なことだけが危機を乗りこえる」(『思想としての新型コロナウイル禍』)はその中でも社会学の視点で論理的にコロナ禍を考察し、今後の展望を述べている

AIの本質を探り、今後の人類のあり方や生き方を模索することは現代社会の大きな議論の一つである。本書は、テクノロジーと生き方の手助けになると思い長期休暇を利用して上下巻を読破した。著者のユヴァル・ノア・ハラリはヘブライ大学の教授で専門は歴史学である。『サピエンス全史』で世界的なベストセラーだ。ちなみに、訳者あとがきは難解な文章の解説的な役割も果たしている。 人類の歴史と展望について、難解な部分もある

熊代亨は著書『健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて』の中以下のような指摘をしている。現代の私たちは、売買やコミュニケーションを担保する法制度と空間設計、それらに適した通念や習慣が徹底された社会の仕組みから便宜を得られる人がいる一方で、人々が他者と共有できない世界観の存在を見落とす可能性がある。こうした仕組みは私たちを効率性や社会契約の内側へと訓練し続け、内面化された通念や習慣から

Featured Posts

Categories

Archives
bottom of page