• Tom

AIの進化 人類vs機械


 AI[人工知能]の進化が止まらない。2016年3月にアルファ碁と呼ばれる囲碁AIが世界屈指のプロを破り、先日は将棋の棋戦である電王戦にてPonanzaと呼ばれるプログラムが山崎叡王に完勝した。もはや人類はコンピューターには勝てないのだろうか。

 人工知能の発展の大きな鍵となっているのが、「ディープラーニング」である。コンピューター自身で集取されたデータをもとに次のプロセスを考える学習方法で、人間の神経細胞と同様の理論を用いることから「ディープニューラルラーニング」とも呼ばれている。

 そうなると理屈の上では、パソコンのメモリが向上すればするほど無限に処理速度が上がることにならないか。すなわち、人間は記憶の限界があり、心身の調子がパフォーマンスに大きく影響を与えるが、コンピューターはそれをはるかに無限に進化するのである。

 もちろん、これらの開発に肯定的な立場の人間は、コンピューターに自我を持たせない、強制的にシャットダウンできる人現有位の仕組みを作るなどの制約を加えることで、AI反対論者を説得するだろう。しかし、それがどこまで有効であるかは不透明だ。映画『Matrix』や『Terminator』の世界を絶対的に否定できない限りにおいての開発を期待したい。人間がコンピュータに支配される日は遠くないかもしれない。


9 views

Recent Posts

See All

『人工知能の「最適解」と人間の選択』〜 AIとの共存はあり得るか?〜

2017年2月22日、日本将棋連盟は将棋の電脳戦が終了を発表した。この時、私はこれから訪れるであろうAIとの共存時代の到来の予感として衝撃を受けた。(『電脳戦が終わる意味、2017年6月22日のブログ記事』)本書も将棋好きの筆者が同じ切り口からAI問題を議論していく。NHKスペシャル「人工知能 天使か悪魔か 2017」の続編となっている。 人工知能の第一人者が2045年のシンギュラリティを予告し、

孤独の解消 ~早稲田のクリエーター 藤吉オリィ~

インターネットを通じて遠隔操作ができる『Orimime』(オリヒメ)というロボットがある。そのロボットにはカメラ付いているので、遠隔操作している人、つまりカメラの向こう側にはユーザーがいて、私たちの顔も見えている。ペンギンのような手をパタパタさせながらリアルタイムで質疑応答をするのだから、緻密な設計に反して可愛らしい。そんな斬新なロボットを発明したのが藤吉オリィであり、早稲田大学理工学部出身である

AIは人類の味方?敵?

最新の医療では、誤診を防ぐためにAIによる画像診断の研修が進んでいる。例えば、エルピクセル株式会社の開発している「EIRIL(エイリス)」は、病変が見られる医療画像を学習し、MRIなどの画像の診断を行うことが出来る。エンジニアの後藤氏は、「AIが医師の代わりをするのではなく、あくまで医師の診断を支援するスタンス」で研究していると言う。 翻訳の世界もルールベース、統計ベースを経て、深層学習へと進歩し

Featured Posts

Categories

Archives