• Tom

大晦日 2016


 つい最近、初詣に行ったような気がしたが、今年も今日で最後だ。年を取る度に時間が立つのが早いような気がする。仕事も休日もあっという間だ。これは良いことなのか、悪いことなのか。とにかくそれぞれが負うものがあって、日々に余裕がないからなのは確かだろう。

 今年も世の中は様々な出来事や変化があった。日本では、熊本震災で50人以上が亡くなった。これだけ技術医療が発達しても人間は自然の前では無力だ。政治も日々変化があった。18歳選挙権施行によって高校生の一部が日本の政治に参加することになったのも大きい。東京都知事の辞職で誕生した小池新しい都知事は、従来の政策からの脱却を目指している。英語教育もまだ途上ではあるものの、文法・読解中心の偏った受験英語からバランスの良い4技能習得に向けて少しずつ舵を切っている。

 世界を見れば、政策や思想な大きな方向転換が見られた。アメリカ大統領選挙やイギリスのEU離脱などはグローバリズムとは真逆のベクトルである。テロとの戦いも含めて戦争は我々のすぐ背後に忍び寄っているのかもしれない。人は歴史を繰り返すのか。それとも歴史から学ぶのか。

 個人的には、今年は辛かったが充実した年だったと思う。目標を達成することは大きな自信と飛躍につながる。見ている風景は何も変わらない。本当に大切なことは目に見えないが、苦労した分だけ大きく成長出来た。本当に支えてくれた方々に感謝の気持ちでいっぱいである。だから、少しずつ恩返しをしていきたいと思っている。それでは、みなさん、よいお年を。


5 views

Recent Posts

See All

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。 突然見知らぬ人がお茶をしませんかと家に上がり込み、家中のものを食べ尽した て、そのまま帰っていく。それでも残された家族は動揺もせず、次に同じ客がきた時のためにその分まで食料を買うのだ。ただし、その客は結局、二度と現れなかった。 これは、The Tiger who Came to Eat(『おちゃをのみにきたとら』)という童話の要点であ

今年も新型コロナウイルスは猛威を振るった。新型コロナウイルスは拡大と終息を繰り返したが、特に、オリンピック・パラリンピック(東京五輪)の開催中のコロナ感染拡大第5波はかなり深刻に感じた。一部の人間のために5年越しで強硬手段を取ったことに対する政治への絶望感を感じた。ただ、一方で、藤井聡太四冠は王将戦の挑戦者になって五冠になる可能性を秘めている。そういうわけで、今年の漢字は「五」を予想していた。しか

Featured Posts

Categories

Archives