• Tom

オーストラリア留学という「旅」


 「人生は旅だ」などと洒落たことを言ってみれば格好は良い。そいうった意味では、早稲田大学の大学院で勉強したことも大きな「旅」であったとも言える。即時的な利益を実感することはなかったが、長い目で見ると少しずつ「旅」の意味が見えてくることがある。

 オーストラリアにおよそ1年間留学したことは、私の人生の大きな「旅路」であった。今まで勉強してきた英語で世界を渡ってみたい。それでこそ今後の教師としての大きな自身になると思ったからだ。実際、帰国して学んだことを一言でまとめると、「失ったものは目に見えるが、得たものは目に見えない」、そこから『The Litttle Prince』(邦題『星の王子さま』)の”Anything essential is invisible to the eyes.”が我が人生の言葉の1つになっている。

 見知らぬ異国の地で周囲に助けられたこと、自分の内面に問いかけることが多かった日々、宗教的や文化的背景の違いによる他者尊重の難しさ、自分の力でなんとでもなること、など大きな人生の糧となった経験が多い。

 当時は夢を達成したことの喜びで周囲がキラキラ輝いて見えた。それは、何年か経って景観が変わっても同じだろう。そこは、私の特別な場所だったのだから。

(キングスパークから見た夕暮れ時のパース。悠久な自然と調和していて、世界で最も美しい街と称されている。)

(パースの中心街。ディスニーランドのようなショッピングモールである。スーパー、銀行から映画館、日本食レストランまでなんでも揃う。)

(ウエーブロック。文字通り「波」のような一枚岩。オーストラリアの壮大な自然に圧倒される。留学中での唯一の思い出深い旅行であった。)

(ウエーブロックの山頂から。広大なアウトバーンの中にポツンと残る湿地帯が見える。オーストラリアの広大さを感じられる。)

※参考文献

早稲田大学校友会、(2017.2)、『早稲田学報』「ワセダを旅する」


10 views

Recent Posts

See All

『今日から始める「やる気」勉強法』 (GHF’03 復刻版)〜「やる気」が確実にでる〜

GHF’03の「誰かが一言」の復刻版の第一弾。2012年1月4日の作品。 (注:表現等一部変更) ***************************************** Witten by 裏C さすがに予備校界トップの言葉だけあって、この本を読むと勉強のやる気が出る!例えば、午後のけだるい時間に読んでも急に何かをやりたくなるような啓発書だ。 もちろん予備校界の論理も強くて、確かに読者

住居と思い出

実の弟が小さな針で私の指を刺す。ものすごく痛い。あまりの痛さに目が覚めた。すると指先には同居していたネズミがいた。「ネズミに指を噛まれたのですが、どう処置したら良いですか?」夜中だったが心配で医療機関に電話したこと思い出す。 その数年前、私はオーストラリアのパースに住んでいた。始めは右も左も分からないのでホームステイにした。そこでは一番奥の部屋を使わせてもらったが、トイレもシャワー室も鍵が掛からな

Featured Posts

Categories

Archives

Copyright © 2016-2020 Seize your Sky All Rights Reserved.