• Tom

謹賀新年 2018


 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 戌年ということで犬にまつわることわざである。日本の「犬も歩けば棒に当たる」は、犬がいろいろな場所をうろうろすることで、結果的にでしゃばって痛い目にあうというという意味である。しかし、このことわざにはもう一つの意味があって、何かをしなければ何も得られないという意味もある。万国共通なのだろうか。これは英語のことわざ、”The dog that trots about finds bone”.(歩き回る犬は骨を見つける)に近い。

 今年は戌年。年が明けて心機一転、何かに取り組もうと思う人も多いのではないだろうか。「成功」の反対は「失敗」ではなく、「何もしないこと」だという話を一度は聞いたことがあると思う。

 このサイトを見てくれことで夢や希望が芽生え、それらに向かって勇気を持って飛び立ってもらえれば、私も「歩き回る」甲斐があるものだ。いろいろな人の愛や支えに感謝しながら、まずは小さなことからワンステップかな!

(2018年12月31日 一部訂正)


6 views

Recent Posts

See All

謹賀新年 2020

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。 世界で最も有名な今年の干支といえばミッキーマウスだろう。このネズミは害チュウどころか、チュウ夜問わず多くの人が彼とその仲間に会い行っている。”If you can dream it, you can do it.”(*1)これは生みの親であるウォルト・ディズニー言葉である。この信念からチュウ出された情熱が「夢の国」の誕生に繋がった

大晦日 2019

問題を直視せず、先送りをしたことで一気にその不満が爆発したように感じる。香港の雨傘運動は、若者が「高度の自治」の形骸化を遅れてNO!を突きつけた形となった。また、16歳の環境活動家グレタ・トゥンベリは、国連の「気候行動サミット」で各国首脳陣に地球温暖化防止を強い口調で訴えた。建前や保身といった「大人の世界」が世界中で痛烈に非難された出来事であった。 「先送り」というキーワードで国内を見ると、大学入

今年の漢字 2019

「無難だな。」これが率直な感想だ。日本漢字検定が公募して発表する今年の漢字は「令」になった。平成から「令和」に変わったことに加え、その元号の由来が古典に由来することで、日本の伝統文化を再認識するきっかけとなったからだとい う。一年の総まとめの漢字が否定的なニュアンスでないことは喜ばしいことだ。 さて、ここからはGHF’03から続く毎年恒例の「私の今年の漢字」シリーズだ。 2008年「転」 2009

Featured Posts

Categories

Archives

Copyright © 2016-2020 Seize your Sky All Rights Reserved.