「フェアプレー」はアンフェアー?


 将棋界では2015年4月に将棋のプロ棋士対パソコンソフトで盛り上がっていた。人間対パソコンの団体戦。その決着が着く大将戦で事件は起きた。持ち時間は各5時間であるにも関わらず、開始からたったの21手、49分で終わってしまったのだ。荒く言ってしまえば、プログラムの欠陥見抜いて必勝形に誘導したのである。主催者側も予想外の結末だった。さて、ここで議論が始まった。ルールに乗っ取って、勝つために手段を選ばなかった棋士の行為は、はたして妥当かどうかということである。

 月日は流れて、似たような議論が再燃している。それも世界規模でだ。そう、サッカーワールドカップの日本対ポーランドの試合である。日本は他会場の試合結果に合わせて、危険犯さずに現状維持のまま負けることを選択した。後半の残り数分でイエローカード1枚をもらわなければ、負けても予選突破が出来るからである「フェアープレイポイント」で逃げ切れるのである。

 観戦者は、「勝負」と「美学」の間で大きな火花が散った。どちらもルールに則っているから反則ではない。考えて欲しい。もし自分が、棋士や監督(または選手)の立場だったらどうするだろう。勝つことがすべての世界で、魅せるために勝利を捨てる賭けをするだろうか?それぞれが代表として背中に大きなファンの期待を背負いながら、瞬間的に「正しい」判断することは想像を絶する究極の二択だろう。

 私はというと、当事者の言動を理解しつつ、この議論の終着点は、次の「一手」をどうするかということに尽きると思う。「課題」があるなら次に活かすルールや仕組みを考えれば良い。例えば、冒頭の将棋では、バグを発見したら自主的な報告義務する、サッカーなら選手及び監督、関係者は、ピッチ外からの情報の遮断をする、といったようにだ。理想論かどうかはともかく、議論の出発点として定義したい。感情論を超えて、組織的で建設的に問題を改善をしていく視点が必要なのではないだろうか。


4 views

Recent Posts

See All

『君の名は』〜「順番」が大切〜

東京の大都会に住む男子校高校生、立花瀧。そして飛騨の田舎に住む女子高生、三葉。まったく接点のない二人であるが夢を見るたびにお互いが入れ変わっていることに気付く。前半はそんなシチュエーションをおもしろおかしく描いているのだが、それは後半への計算し尽くされた怒涛の展開への伏線だった。隕石の降る夜に起こる2人の愛の形と世界の運命を変える(いわゆる「世界系」の)壮大な物語りである。 『君の名は』は2021

一流選手のメンタル力

東京オリンピックが新型コロナウイルのために平和の祭典は延期となった。社会的に大きな影響を与えたが、それは日々競技に深刻に打ち込む選手にも精神的に大きなものであっただろう。例えばハンドボールの東江悠斗は、「五輪が延期になったから成長できる」とあくまで肯定的に捉えている。一流の選手の言霊は違うなと思った。 池江璃花子選手日本選手権の女子自由形決勝で代表内的基準のタイムをクリアし、リレーメンバーとして五

『あの花の名前を僕達はまだ知らない』〜郷愁の中に咲く「あの花」〜

子どもの頃は抱いていた、でも成長するにつれて忘れてしまった大切なもの。それは、あの頃あの場所に咲いていた「あの花」。仲良し6人組は、メンバーの1人の不慮の事故死をきっかけに離れ離れになってしまった。その5年後、亡くなったヒロインは昔の願いを叶えて欲しいと再び主人公の前に現れる。メンバーの様々な気持ちが交錯するなかで、それでも願いの答え、そしてその先にある本当に大切なものを見つけようとする。ファンタ

Featured Posts

Categories

Archives