• Tom

衝撃!英検が採点にAI導入を発表(前編)

 夜に何気なく実用英語検定のホームページを開くと驚きのプレス発表がされていた。実用技能検定におけるライティングとスピーキングでAIの自動採点に一定の成果が認められたということである。特に衝撃だったのは、2次試験のスピーキングの対面式では、1級から3級までは順次採用していくということである。「AI による自動採点実証研究で有意な成果 ―2019 年度から英検に順次本格導入予定―」。この研究発表のサブタイトルこそが大きな転換点であると考えるのだ。英検の面接委員はいなくなってしまうのだろうか。

 補足にあるスピーキングの自動採点実証研究を読むと、AIがどの程度精度が高いかを見ることが出来る。音声(ただしノイズや沈黙等の音響的問題点を除く)として約90%を正しく認識し、その中で約98%の割合で人間の採点結果と齟齬が出なかったという。今後は人間による通常採点を補完する形で精度の向上を図るようだ。人間は認識が難しい文字や音声に焦点を絞った採点を行うようである。しかし、私は人間が自動採点の補完をするのではないかと予想している。

 ライティングに関しては、白紙やグラーマーチェック等の膨大な手間は省けるので採点期間の短縮といった採点側の負担軽減が出来るだろう。ただ、機会が個性ある言い回しやロジック(実は答案作成には必ずしも適していないが)をどれだけ理解できるか疑問が残る。また、スピーキングは対面式の吹き込みとなった場合は、面接委員との軽妙なやりとり、つまりコミュニケーション上の言外の要素、例えばアテイチュードの要素が反映されにくいだろう。CBTのような完全な吹き込み式のスピーキングでは実際に議論する力とは別の能力を求められる気がするのだ。だから、今後はAIの進歩と並行した対面式のコミュニケーション能力を測る方法を追求する必要がある。

 いずれにしてにも、日本英語検定協会とそれを後援している文部科学省は後戻りができないとことろまで来ている。4技能のバランスの取れた英語革命の本気度がうかがえるというものだ。今後はこれを高校入試といった試験にも拡大出来れば長期的な戦略を立てることも可能だ。人間(面接委員等)と機械(AI)のそれぞれの長所を活かせるような試験を模索してほしい。真の英語教育よ、永遠なれ!

※参考文献

日本英語検定協会、(2018 10 17)、「AI による自動採点実証研究で有意な成果 ―2019 年度から英検に順次本格導入予定―

日本英語検定協会、(2018 10)、「4級・5 級スピーキングテストに関する Sinewave 社(iFlytek 社)との自動採点共同研究レポート


*訂正

タイトルを変更(2021年3月14日)

6 views

Recent Posts

See All

衝撃!英検が採点にAI導入を発表(後編)

AIの飛躍的な発展によって、私たちの生活が大きく変わろうとしている。現在の技術革新と社会動向をみれば、日本英語検定協会が採点にAIを併用導入することは必然的だった。はたしてこの精度が飛躍的に伸びたら、人間の採点、例えば面接委員は不要になってしまうのだろうか。その場合、私たちに求められている英語の4技能はAIに補完されうるのか。ここに英語(他言語も含む)の学習(指導)意義はあるのあろうか? 上記の問

夏の教育セミナー 2020 〜L・Rは日々の積み重ね〜

今年の夏の教育セミナーは、新型コロナウイルス感染防止の観点からオンラインで視聴するという形になった。実施会場まで足を運ばなくて済んだももの、多忙からすべての内容を視聴することが難しかった。ただ、言うまでもなく例外なのは受験生や保護者、そして指導する教職員、教育関係者も同様である。個人的には、大学入学共通テストを始め、2学期の戦略を立てる上で重要な視点を再認識できたとように思う。安河内哲也氏の動画は

『知の体力』 〜高等学校の学びの本質〜

大学の卒業論文には苦い思い出がある。大学受験までの思考、つまり授業の課題には常に答えがあるという固定概念のせいで、答えのない問題に自分なりの意見を見つけることがあまりなかった。一応卒論ではある程度の結論には達したが、参考書の引用や見解をなぞる部分も多くなってしまった。指導教官に喫茶店で叱られた苦い思い出もある。もし私が学生時代に新書『知の体力』を読んでいたら、卒業論文はまた違った結論になっていただ

Featured Posts

Categories

Archives