top of page
  • Tom

『1日を3時間増やす 超整理術』 〜整理のヒントが満載〜

 優先順位を決めてスケージュールを立てることは重要だし、そのことは心得ているつもりだ。でも、気付いたらこんな時間だった、1日が終わっていたという経験は多いだあろう。今回推薦するビジネス書『1日を3時間増やす 超整理術』は、限られた時間の中で効率良く物事を進めるヒントが散りばめられている。

 これに従って、私はプライベートではMacの「Calendar」と「Reminder」を、職場ではWindowsのOutlookを使っている。全てのスケジュールをシステム(つまりApp)に落とし込み、ポップアップ画面を表示させる。また、机上などの書類やデータを優先順位・日付、種類などで分類し、まとまった時間と隙間時間をうまく活用するとかなり効率的で合理的な処理が出来ているように思う。

 もちろん私は教職に就いているので、生徒に触れる時間が長くなるほど予定外の指導や仕事が増えてくる。筆者のような経営者としてすべてを管理することは出来ない。それでも、職種によっては非常に参考になる部分も多いとだろうし、プライベートにも使えるヒントが多いだろう。使える知恵や経験談は利用しようということである。

 忙しさから解放されるために啓発書を読むのはおかしな話だけれど、ちょっとの工夫が後になって大きく返ってくることはある。筆者には独特の信念があるようにも見えるけれど、これも一つの投資だ。絶対に価値のある一冊だと思っている。

※追記・訂正

現在までの仕事の進め方の根底はここにある。絶対に読んでおくべきお勧めの一冊としたい。

(2020年9月16日)

※参考文献

高橋美里、(2014 2 25)、『1日を3時間増やす 超整理術』角川フォレスト

3 views

Recent Posts

See All

新海誠監督の新作『ずずめの戸締り』を存分に楽しむために、それまでの作品を「予習」する人も多いだろう。私もその中の一人だ。新海誠監督は、『星の声』『君の名は』『天気の子』『秒速5センチメートル』などの名作で知られていて、宮崎駿に並ぶ有名な日本のアニメーション監督だ。 あらすじの概要は、アスナがモリサキとともに死者を復活させるために地下世界のアガルタを探検するというものだ。ただ、冒険無駄に長く、非現実

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。 「『ウサギはさびしいと死ぬ」という言葉からも分かる。しかし、これは一種の都市伝説のようなものであり、実際に寂しさだけで死ぬことはない。むしろ、コミュニケーションが取れないことによる精神的な苦痛が活動意欲や食欲の低下を招くことが結果的に死因になるという。(中略)友人は一生の宝物。今年は、例年以上に多くの仲間に囲まれながら、『うさぎの上り

Featured Posts

Categories

Archives
bottom of page