Search
  • Tom

『1日を3時間増やす 超整理術』 〜整理のヒントが満載〜

 優先順位を決めてスケージュールを立てることは重要だし、そのことは心得ているつもりだ。でも、気付いたらこんな時間だった、1日が終わっていたという経験は多いだあろう。今回推薦するビジネス書『1日を3時間増やす 超整理術』は、限られた時間の中で効率良く物事を進めるヒントが散りばめられている。

 これに従って、私はプライベートではMacの「Calendar」と「Reminder」を、職場ではWindowsのOutlookを使っている。全てのスケジュールをシステム(つまりApp)に落とし込み、ポップアップ画面を表示させる。また、机上などの書類やデータを優先順位・日付、種類などで分類し、まとまった時間と隙間時間をうまく活用するとかなり効率的で合理的な処理が出来ているように思う。

 もちろん私は教職に就いているので、生徒に触れる時間が長くなるほど予定外の指導や仕事が増えてくる。筆者のような経営者としてすべてを管理することは出来ない。それでも、職種によっては非常に参考になる部分も多いとだろうし、プライベートにも使えるヒントが多いだろう。使える知恵や経験談は利用しようということである。

 忙しさから解放されるために啓発書を読むのはおかしな話だけれど、ちょっとの工夫が後になって大きく返ってくることはある。筆者には独特の信念があるようにも見えるけれど、これも一つの投資だ。絶対に価値のある一冊だと思っている。

※追記・訂正

現在までの仕事の進め方の根底はここにある。絶対に読んでおくべきお勧めの一冊としたい。

(2020年9月16日)

※参考文献

高橋美里、(2014 2 25)、『1日を3時間増やす 超整理術』角川フォレスト

1 view

Recent Posts

See All

疲れ切った土曜日

新型コロナウイルスの感染者が毎日のように報道される。毎日繰り返される感染者数にうんざりしている読者も多いことだと思う。それは、教育現場でも同様で無駄に学習時間だけが増え、生徒も教職員も心身ともに疲れ切っている。 新型コロナ対策で休校期間で授業が出来なかった部分を土曜授業で補おうとする。しかし、平日ではこれ以上授業時間は確保できないから、土曜日に授業が割り当てられる。休校期間には動画配信や遠隔授業な

アドラー心理学4部作 『嫌われる勇気』・『幸せになる勇気』 『アドラー 人生の意味の心理学』 『子どもを勇気づける教師になろう』 <実践編>

実践するにはかなり難しい。それが率直な感想である。 アドラー心理学では、「早期回想」を行い、子どもの記憶から現在の「ライフスタイル」(その人の言動を決定する軸のようなもの)を探ることがある。ここで、ぜひ自身の最も古い記憶を思い浮かべて欲しい。実は数ある出来事の中からそれを記憶しているには何かの理由(つまりライフスタイル)がある。例えば、父親に赤ちゃん用の織に入れられて、舌を出して反抗したとする。こ

Featured Posts
Recent Posts
Archive

Copyright © 2016-2020 Seize your Sky All Rights Reserved.