• Tom

ヤフコメは廃止すべき


 世の中の考え方や意見は十人十色だ。しかし、ほぼ一色の世界がヤフーコメント欄だ。いくつか見て欲しい。ある記事に対してコメントが書かれると、そのコメントと同内容が書き込まれる。「そう思う」ボタンに多くの賛同者が集まる。しかも、極端な差別主義者・愛国主義者が集まっている。ポータルサイトでの言説は恥ずかしい限りである。

 例えば、彼らは、ネット右翼と呼ばれ、「韓国人は出て行け!」といったヘイトスピーチを繰り返す。それは排他主義的でヘイトだと指摘すれば、原因は相手側にあるとい、言論の自由を持ち出す。議論を続けても最終的には「お前は在日」と罵られて終わる。議論が出来ない人々である。政治面だけではなく、ゴシップ記事に対しても、主張に妥当性がなく、誰かが言った主張をただ繰り返すだけである。実に馬鹿げている。過度な排他主義はいじめの構造と同じである。

 いわゆるネット右翼が出現してしまう理由はいくつかある。当初は、ニートが多数を占めていると言われてたが、「ネトウヨ=弱者」という図式は当てはまらない分析もある。むしろ社会に対する承認要求や孤立感が高い場合などに他人との感情の共有で自分を守ろうとするのだと思う。実際、彼らは、「~は国民の総意」「日本人として~」といった言葉を非常に好む。ただし、所詮は、右に倣えの「共感ごっこ」で感情論だ。2014年度の総選挙の結果が彼らの屁理屈が現実と乖離していることを明白に証明している。

 掲示板の内容は、見るに堪えない低俗なものとなっている。実際、生粋の右翼・保守からは煙たがられる存在であるという。本当に「民度」が低いのは誰なのか。便所の落書きを全世界に公開するのは残念極まりない。ヤフーコメント欄は廃止するべきなのである。少数派であってもあなどってはいけない。危険分子は排除する。それが正しい自他尊重と平和な国際社会につながるのである。

※参考文献

古谷経衛、(2015)、「『ネトウヨは社会的弱者ではない。だからこそ、根が深い』」(https://news.yahoo.co.jp/byline/furuyatsunehira/20141215-00041509/)

古谷経衛、(2014)、「総選挙『唯一の敗者』とは?『次世代の党』壊滅の意味とその分析」(https://news.yahoo.co.jp/byline/furuyatsunehira/20141215-00041509/)


546 views

Recent Posts

See All

『老人と海』(福田恆在訳版)〜ロストジェネレーションの希望と勇気〜

読み出したら止まらない。ストーリーは老人が海に漁に出かけ奮闘しするという単純なものであり、それを老人の内面と客観的な事実のみで書かれる、いわゆる「ハードボイルド」の手法で描かれてる。余計な伏線を省いて淡々と、しかし臨場感が洗練された言葉はアメリカ文学の金字塔であり、読者はノーベル文学賞作品の圧倒的な筆力を感じるだろう。 著書はノーベル文学賞作家であるアーネスト・ヘミングウェイだ。1899年イリノイ

アドラー心理学4部作 『嫌われる勇気』・『幸せになる勇気』 『アドラー 人生の意味の心理学』 『子どもを勇気づける教師になろう』 <実践編>

実践するにはかなり難しい。それが率直な感想である。 アドラー心理学では、「早期回想」を行い、子どもの記憶から現在の「ライフスタイル」(その人の言動を決定する軸のようなもの)を探ることがある。ここで、ぜひ自身の最も古い記憶を思い浮かべて欲しい。実は数ある出来事の中からそれを記憶しているには何かの理由(つまりライフスタイル)がある。例えば、父親に赤ちゃん用の織に入れられて、舌を出して反抗したとする。こ

『小論文これだけ!』 〜小論文対策の「古典」〜

小論文対策と言っても、慣れていなければどうやって対策を立てていけば良いのかピンとこないであろう。教員としては、「作文」と「小論文」の違いから入っていくのが基本である。本書は、その原則通りに「小論文」の定義を明確にしてから、書き方のパターンを提示している。初心者にもしっかりと入口を提示くれている。 また、英語のアカデミック・ライティングと同様に、「型」を明示してくれている。結局、英語には英語のロジッ

Featured Posts

Categories

Archives

Copyright © 2016-2021 Seize your Sky All Rights Reserved.