• Tom

リスニングの推薦教材


 中級者のリスニング勉強の大原則は「ただしく音読できれば聴こえる」である。「DLOS勉強法」では「量より質」が重視されるため、どの教材を用いるかは大切なことである。必ずスクリプトのあるものを使って丁寧に矯正していきたい。

 まず具体的な目標がある場合、例えば、英検やセンター試験などを受験する予定がある場合は、その「過去問」が最も良い。過去問は自分のレベルの少し上であるから力が伸びやすい。数年分やるだけでも十分なスクリプト量を勉強することになる。

 「DLOS勉強法」では力試しで問題を解くことから始めるので、ここで過去問から推測される傾向や解法テクニックを確認しても良い。聴こえなかった問題に引きずられずに、気持ちを切り替えて問題に集中するといったメンタルトレーニングも積んでおきたいからだ。ただし、リスニング問題の多くは、大筋が聴こえれば解けるものが多いので、小手先のテクニックに依存するのではなく、流れている音声に集中すべきである。

 私が留学したTAFEのELICOSでは、リスニング教材として、“Behind the News”を使っていた。子ども向けの教育にニュースで難しい語句は丁寧に解説してくれる。当時はビデオテープだったが、先生から借りて理解できるまで何回も繰り返し聴いたものだ。今は、オンライン(”Behind the News”)で視聴できスクリプトも載っているので、速聴・精聴のどちらにも使えるお勧め教材である。

※参考文献

“Behind the News”(ABC)


11 views

Recent Posts

See All

『魔法の長文解法』 ~長文読解の基礎テクニックが凝縮さてれいる~

長文読解問題を解く際には、漫然と読んで解答したのでは効率が悪いことがある。戦略的に読むということを丁寧に解説しているのが「魔法の長文解法」である。初版が1991年で、当時から安河内哲也は「基礎から偏差値アップ総合英語」や「有名大突破 戦略英語解法」といった人気講座を開いているが、長文読解解法のエッセンスが凝縮されている良書である。 近年は4技能の向上に焦点を置いているもの、それでも英文解釈や効率的

大学入学共通テストの記述式問題は廃止せよ

大学入学式共通テストで、英語の民間試験導入延期に伴い、国語・数学の記述式問題の延期または中止が検討されている。思考力等の評価を目的としているのだが、およそ50万人受験する試験としては致命的な欠陥を抱えている。 第一に、公平性に大きな問題を抱えている。およそ50万の生徒の記述式答案を公平に採点するのはほぼ不可能だ。採点の基準が明確であれば差異がないように感じるかもしれないが、生徒の解答は想定されない

『スーパーレベルライティング』 〜英検1級ライティングの辞書的役割 〜英検1級2次試験ならこの参考書〜

英検1級の英作文は、制限時間が短いアカデミックライティングである。そこで、説得力ある英文を持たせるためには、事前に自分のロジックを組んでおき、そこに自分の意見を埋めていくようにすると良い。その際のロジックを準備するのに本書は非常に便利である。 特効薬という意味で、第7章「英文ライティングの構成力を表現力UPトレーニング」を活用したい。「イントロの作り方楽勝パターン」、「強調の表現の使い方」から、「

Featured Posts

Categories

Archives

Copyright © 2016-2020 Seize your Sky All Rights Reserved.