• Tom

『こころがほっとする考え方』〜欲を捨てれば幸せになる〜


 人は欲があるからこそ悩む。それは、こうしなければいけないといった脅迫的なものでもある。しかし、本当は、自分の身の丈を考え、起こりうる出来事を運命だと思い、ちょっとだけ考え方を変えれば気持ちが楽になるのだ。この本には、心の専門家であるカウンセラーがその経験を基にして、およそ100の具体的な「心の処方箋」を紹介している。

 心理学では、人が持つ考え方の枠組みを変えることを「リフレーミング」という。認知行動療法の一種であるが、この本に書いてあることは、それをわかりやすく日常生活に落とし込んだものだ。忙しないストレス社会で見失いがちな「ちょっとしたこと」を思い出すきっかけを与えてくれる。

 そして、この本の核心は、「自分の要求水準をちょっと下げられれば、自分の現状はさほど悪くないと思える」ということである。実際、他人の評価を気にしたり、自分はこうあるべきだと考えたりするから、自分で自分を苦しめることになるのだ。現代人の盲点を突いている。例えば、「良い加減にやってみる」のも悪くないものだと思っている。

 平素な文で書かれて、非常に読み易い。辛い時に該当するページを読んでも良いし、寝る前にふと読むだけでも心が癒される。何度も立ち戻って、本当に自分が失ってはいけないものを再確認することもできる本である。

※参考文献

すがのたいぞう、(2010)、『こころがほっとする本』


39 views

Recent Posts

See All

『決定版 上司の心得』・『リーダーが身につけたい25のこと』〜自分・チームそして組織の未来へ〜

人の上に立つのは難しい。個人的には今まで生徒会やサークル活動でリーダーシップを取ってきた経験はあるものの、職場となるとまた大きく違う。ましてや年齢的にも中堅になれば一定の責任や効率が求められる。そんな苦悶の中で組織運営に関する哲学と実戦的ノウハウに関する2冊に出会った。 『決定版 上司の心得』の著者、佐々木常夫は東レに入社し、取締役となった複数の社長の経験を記した著作物が多い。本書は「できる余分な

Featured Posts

Categories

Archives