• Tom

チョムスキーに挑む最新理論とその可能性


 理論は簡潔で汎用性が高く、さらに実用的であればなお優れているだろう。人間がどのように言語を習得するかということで一時代を築いたのが、チョムスキーの「普遍文法」である。人は生まれながらにして文法スキームを持っているというものだ。その後、様々な実証に反論すべく、その改定理論となる「原理とパラメーター」モデルを提唱した。それは、諸言語の核文法を想定し、文化等の相互作用によって表出するという理論である。その後の理論も実証的に反駁されている。

 そういった流れで新しいパラダイムが登場している。それは、認知言語学や心理学からのアプローチだ。「用法基盤モデル」と言われている。それは、子どもは生来、汎用的なツールを持っており、社会的な相互作用による経験値から独自に言語を学習するモデルである。つまり、新しい視座として、代数的規則やレキシコンを必要としない認知機能、例えばスキーマ化や習慣化、自動化といった処理機構が存在するのではないかという言説である。

 どちらも興味深く、しかしその妥当性を示すのは非常に難しい。個人的には、両者の説が脳内神経で入り混じって作動しているように感じる。だから、その明確な答えを導き出すには、歴史的な遺伝の観点から育成環境まで幅広い研究が必要になるだろう。

 ただし、そこで得られる新発見は、我々の母語の正確な獲得に大きく貢献するはずだ。また、それが第二言語習得理論に結びつくような革新的な教授モデルが開発されれば、言語教育に多大な利益をもたらすことになるだろう。どういった理論が最終定理になるか分からないが、仮説と実証の往還を繰り返すことで、私たちは言語学の大きな革命に近づくかもしない。

※参考文献

P.イボットソン/M.トマセロ、(2017)、『日経サイエンス 2017 05』「言語学の新潮流 チョムスキーを超えて 普遍文法は存在しない」


13 views

Recent Posts

See All

アドラー心理学4部作 『嫌われる勇気』・『幸せになる勇気』 『アドラー 人生の意味の心理学』 『子どもを勇気づける教師になろう』 <実践編>

実践するにはかなり難しい。それが率直な感想である。 アドラー心理学では、「早期回想」を行い、子どもの記憶から現在の「ライフスタイル」(その人の言動を決定する軸のようなもの)を探ることがある。ここで、ぜひ自身の最も古い記憶を思い浮かべて欲しい。実は数ある出来事の中からそれを記憶しているには何かの理由(つまりライフスタイル)がある。例えば、父親に赤ちゃん用の織に入れられて、舌を出して反抗したとする。こ

『小論文これだけ!』 〜小論文対策の「古典」〜

小論文対策と言っても、慣れていなければどうやって対策を立てていけば良いのかピンとこないであろう。教員としては、「作文」と「小論文」の違いから入っていくのが基本である。本書は、その原則通りに「小論文」の定義を明確にしてから、書き方のパターンを提示している。初心者にもしっかりと入口を提示くれている。 また、英語のアカデミック・ライティングと同様に、「型」を明示してくれている。結局、英語には英語のロジッ

『上昇思考』 —幸せを感じるために大切なことー 〜感謝と夢を持つ〜

長友佑都は言わずと知れたサッカー日本代表のサイドバックである。大学時代は応援スタンドから太鼓を叩いていたにもかかわらず、インテルというビッグクラブで活躍した選手だ。幸せは自分のこころが決めるといった類の言葉はありふれているが、一流の選手が実体験から語る言葉は貴重だ。 エトーやスナイデルといった世界レベルのチームメイトと戦うメンタルには多くの示唆がる。苦境に立たされる前に起こり得る状況を想定し、現実

Featured Posts

Categories

Archives

Copyright © 2016-2020 Seize your Sky All Rights Reserved.