top of page
  • Tom

学生生活と映画

 豪州に留学中に、家で勉強することが多かったのだが、気分転換に映画館に寄ったことを覚えている。お金を持っていかなかったので、意を決してチケットを買ったのだが、館内はほとんど人がいなかったので貸し切り状態だった。上映されていたのは『Matrix』3部作の最終章だった。映画館は学校と同じ市街地にあったので、そういった意味では思い出深い場所になっている。

 ただ、最近は映画は見るだけではなく、簡単に作り手になれる時代になったようだ。スマートフォンで撮影した動画や音声をアプリで容易に加工・編集し、投影してしまう。例えば、今年の文化祭のクラス発表では、生徒が動画を撮影・編集した上で、ステージに投影させ、登場人物たちが体育館の扉を開ける。すると、今度は生徒がそこから走ってステージに上がりリアルの寸劇をする。私にとっては、動画とオンステージの融合は今までにない発想で、とても斬新に感じた。

 大学に目を移す。かつての大学の授業では、映画を文学的にいかに読み解くかが主流であったが、昨今は違うようである。早稲田大学教授でありバルムドールを受賞した是枝裕和は、次のように述べている。「映画を作っていくプロセスから何を学べるかという姿勢で取り組んでいます。」(特別対談 岩本憲児×是枝裕和『早稲田学報』)IT技術の向上とともに「映画リテラシー」も向上しているようだ。

 高田馬場から早稲田大学の間を歩くことを「馬場歩き」と呼ぶ。その途中に映画館「早稲田松竹」がある。後に映画監督や著名人となった卒業生が通った思い出の場所である。「足繁く通った早稲田松竹。見終わった後は寮に戻ってウイスキーを飲みながらウンチクを語り合うのが日課でした。」(「思い出の早稲田松竹」『早稲田学報』)こんな学生生活を送れたらきっと楽しいだろうなと思ってしまう。学生生活と映画は意外に切っても切れない関係なんだろうと想像する。

※参考文献

早稲田大学校友会、(2019・12)『早稲田学報』

2 views

Recent Posts

See All

新型コロナウイル感染が世界中に拡大し、医療・経済・教育などあらゆることが変化し、多くの議論が行われている。現実問題として医療や経済などに目が向かいがちであるが、終息する気配もなく、どこが退廃的な雰囲気が醸成されているのはなぜだろうか。 大澤真幸の論考「不可能なことだけが危機を乗りこえる」(『思想としての新型コロナウイル禍』)はその中でも社会学の視点で論理的にコロナ禍を考察し、今後の展望を述べている

AIの本質を探り、今後の人類のあり方や生き方を模索することは現代社会の大きな議論の一つである。本書は、テクノロジーと生き方の手助けになると思い長期休暇を利用して上下巻を読破した。著者のユヴァル・ノア・ハラリはヘブライ大学の教授で専門は歴史学である。『サピエンス全史』で世界的なベストセラーだ。ちなみに、訳者あとがきは難解な文章の解説的な役割も果たしている。 人類の歴史と展望について、難解な部分もある

熊代亨は著書『健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて』の中以下のような指摘をしている。現代の私たちは、売買やコミュニケーションを担保する法制度と空間設計、それらに適した通念や習慣が徹底された社会の仕組みから便宜を得られる人がいる一方で、人々が他者と共有できない世界観の存在を見落とす可能性がある。こうした仕組みは私たちを効率性や社会契約の内側へと訓練し続け、内面化された通念や習慣から

Featured Posts

Categories

Archives
bottom of page